鶴見区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

ワクチン 集団接種 5月中旬から 高齢者へ4月下旬に通知

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
ワクチンの取り分けを学ぶ薬剤師
ワクチンの取り分けを学ぶ薬剤師

 横浜市は新型コロナウイルスのワクチン接種について、高齢者対象の集団接種を5月17日の週から始めると発表した。

 国のワクチン供給見通しを踏まえて決めたもの。市は5月3日の週に11万7千回分、10日、17日、24日の週はいずれも約27万回分が供給されると想定している。

 75歳以上の約48万人に4月下旬から接種券を発送する。65歳以上75歳未満の約44万人には、5月中旬から発送の予定。

1日8100人分

 集団接種は、公会堂やスポーツセンターなど、各区1カ所(中区は2カ所)の会場で実施。鶴見区は鶴見公会堂となっている。4月から会場設営を進め、順次シミュレーションを行っていく。

 3月9日に鶴見公会堂で実施したシミュレーションをもとに、現段階では一日最大接種回数を各区450回と想定。各会場とも午前10時〜午後4時の実施時間とし、市内19カ所の会場で、1日最大8100回の接種を見込む。

 すでに特別養護老人ホームなど、高齢者施設での接種は4月12日の週に開始することを決めている。

薬剤師向け説明会

 接種への準備が進む中、薬剤師向けの説明会が3月27日に県総合薬事保健センター=磯子区=であった。

 集団接種会場では派遣された薬剤師がワクチンの取り分けなどを担うことが予想されるため、その方法などを学んだ。

 横浜市内を含め、県内から360人の薬剤師が参加し、ワクチンを薄め、決められた回数分を正確に取り分ける実技を注射器を使って行った。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter