鶴見区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

野菜使いきり料理紹介 横浜市 食ロス減へ動画

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市資源循環局3R推進課では家庭での食品ロス削減を推進しようと、余った野菜を活用したレシピ動画「まるごと旬野菜 使い切りレシピ」をYouTubeで配信している。

1人年間25kg

 同課によると手つかずの食品や食べ残しなど、本来はまだ食べられるにもかかわらず、廃棄されている食品は年間9万4千トンに上るという。市民1人あたりに換算すると約25kg、おにぎりに例えれば約250個分に相当する量だという。

 横浜市はこれまで、賞味・消費期限の近いものや、肉・野菜・魚などの傷みやすいものの使い忘れを防ぐため、毎月10日と30日に冷蔵庫の中身を確認することを推奨する「冷蔵庫10・30運動」などを展開。さらに2016年からは余った野菜を活用したアイデア料理を紹介するレシピ集を3冊刊行している。コロナ禍で対面での啓発ができないことから、食品ロスを考えるきっかけになればと動画配信を始めた。

3品を配信

 今回、このレシピ集に掲載されているメニューの中から、人参を使ったバターライス、カリフラワーをまるごと使ったスープ、ほうれんそうのキッシュの3品を配信。

 調理工程を2分ほどにまとめ、野菜の保存方法や、残ってしまった際のリメイク術も紹介している。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter