鶴見区版 掲載号:2022年7月28日号 エリアトップへ

鶴見大学 誰でも読みやすい絵本を 学生らがデジタル絵本を制作

教育

掲載号:2022年7月28日号

  • LINE
  • hatena
絵本を制作した元木教授と学生たち
絵本を制作した元木教授と学生たち

 鶴見大学の学生がこのほど、発達障害や視覚障害で通常の書籍を読むことが困難な人向けのマルチメディアDAISY図書でデジタル絵本「とんでもくい」を作成し、全国の学校図書室や図書館などに配布されている。

 同図書は、音声と一緒に、文字や画像が表示されるデジタル図書。読み上げ部分がハイライトされるほか、文字の大きさやスピードなどを変えられるのが特徴。

 絵本を制作したのは、同大文学部の元木章博教授=写真右=の研究室とサークル「情報バリアフリー推進会」の学生たち。これまでも障害理解を深める活動を続けていて、同図書での制作は今回で2作目となる。

 今回は、区内潮田地区に伝わる昔話「とんでもくい」の郷土資料を基に、元木教授がアレンジ。3人の学生と協力して昨年から制作を行ってきた。作画を柳川琴音さん(22)=同左、朗読を金本陽奈さん(20)=同中央=が担当。コロナ禍で集まることが難しく、オンラインでデータを共有しながら、制作作業を続けてきた。「色弱の人でも見やすく、分かりやすい絵を描くことを意識しました」と話す柳川さん。金本さんは「知り合いの子に読み聞かせをしたことはあったけれど、録音は緊張した」と笑顔で話した。

 絵本は同大図書館でも閲覧可能。元木教授は「現在はコロナ禍で一般の利用は制限中ですが、解除になったら是非お越しください」と呼びかけている。

鶴見区版のローカルニュース最新6

寸劇参考に特殊詐欺防止

寸劇参考に特殊詐欺防止 社会

2組に感謝状贈呈

8月11日号

「横浜BUNTAI 」が名称に

横浜文体再整備事業

「横浜BUNTAI 」が名称に スポーツ

優先予約の受付開始

8月11日号

音楽で子どもの心のケアを

音楽で子どもの心のケアを 社会

「楽しい思い出をお守りに」

8月11日号

「付添犬の普及、環境整備を」

市内のNPO

「付添犬の普及、環境整備を」 社会

本出版で議長に活動報告

8月11日号

県内の女性議員割合23%

県内の女性議員割合23% 社会

横浜市、増加傾向も20%

8月11日号

オペラの魅力楽しんで

神奈川フィル 秦野で巡回公演 10組20人招待

オペラの魅力楽しんで 文化

8月11日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook