神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

レアールつくの商店街でマルシェ「つくまる」を開催する 木村 郁子さん 鶴見中央在住 40歳

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

商店街の温もりに魅せられ

 ○…「お客さんとの何気ない会話や、毎日のように顔を合わせて築かれた信頼関係、つながりの深さに惹かれるんです」と商店街の魅力を語る。レアールつくの商店街に2013年から関わり、今は隔月でマルシェ「つくまる」を開催。鶴見を舞台に地域と人をつなげ、まちの課題解決を目指す合同会社ふくわらいの代表を務める。

 ○…商店街の魅力に気付いたのは大学生の頃。偶然立ち寄った荒川区の三の輪の商店街で、店主と常連客たちが楽しそうに世間話する雰囲気に惹かれた。「人とのつながりが自然と作られている商店街の姿が新鮮だった」。そして、卒業後は横浜市役所に入庁。初任地となった鶴見区で多文化共生などに携わり、地域でいきいきと活動する人たちに触れ、「私ももっと地域で動き回りたい」と一念発起して退職。縁あってレアールつくの商店街にオープンしたアンテナショップ「kura-cafe」(クラカフェ)の店長に就いた。お客からの差し入れや、何気ない世間話、他人なのに近い距離間が心地よかった。

 ○…残念ながら同店は運営会社の都合で3年半で閉店したが、これまで紡いできた縁を切らしたくないと合同会社ふくわらいを起業。まちづくりのコンサルティングに携わりながら、同商店街では隔月でマルシェを開催。また、商店街に構える事務所の軒先を販売スペースとして個人事業主などに日替わりで貸し出すレンタルスペースも運営している。

 ○…忙しい日々を送る中でも、文章を毎日書いて心をリセットするのが日課だとか。「今後は若い人にも協力してもらって活動を広げ、もっとまちを元気にするお手伝いをしていきたい」。商店街とともに歩む日々がこれからも続く。

丹沢の山々に抱かれた、爽やかな風の吹き抜ける町

都心まで電車で約90分。豊かな自然と子育てママ・パパに心強い制度がいっぱい!

https://www.town.yamakita.kanagawa.jp/lifetown/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

井上 愛美さん

めぐみ助産院に勤め、同院の子ども食堂の発起人として活動する

井上 愛美さん

寺谷在勤 37歳

2月22日

加藤 正巳さん

第72代JR川崎駅駅長を務める

加藤 正巳さん

駅前本町在勤 60歳

2月15日

木村 郁子さん

レアールつくの商店街でマルシェ「つくまる」を開催する

木村 郁子さん

鶴見中央在住 40歳

2月8日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

栄区在住 39歳

2月1日

畑 智晃さん

講演会「気づきの交差点」を主催した法人支部の代表を務める

畑 智晃さん

北寺尾在住 43歳

1月25日

キング 開さん

横浜ビー・コルセアーズの選手として活躍する

キング 開さん

磯子区在住 23歳

1月18日

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook