神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年2月22日 エリアトップへ

めぐみ助産院に勤め、同院の子ども食堂の発起人として活動する 井上 愛美さん 寺谷在勤 37歳

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

母親を支え、子どもを笑顔に

 ○…助産師として寺谷のめぐみ助産院に勤め、同院で行う「こども食堂めぐみ」の発起人として活動する。「満足に食事を食べられない家族の悩みが一時期の自分と被り、共感した。助産師だからこそできるサポートもあると考えた」と思いを語る。

 ○…豊岡小学校から鶴見中学校に進み、多くの時間を鶴見で過ごした。親が仕事で忙しく、1人でいる時間が多かったこともあり「思春期の反抗なのか、家を出ることも多かった」と笑う。パソコン関係の専門学校に通って一度就職したが、娘の出産を機に退職して実家のある佃野に戻ってきた。助産師である母の姿を見てきたこともあり、同じ道を志して看護学校に通い始めた。

 ○…2人の娘の育児をしながらの学校通い。朝7時には保育園に娘たちを預け、実習などで迎えが遅くなることも多かった。2人を寝かしつけた後には学校の復習。生活にも余裕がなく、貯金を切り崩してのギリギリの生活だった。「貧しかったけれど、何とか乗り越えたので今では何でもできる気がする」と笑顔で振り返る強さが印象的だ。忙しい中でも「娘には親の愛情を感じてほしい」と手料理を欠かさず、休日には一緒にキャンプに行くなど、できるだけ一緒の時間を大切にしてきた。最近では18歳になった長女が看護学校への進学を決め、「自分のことをちゃんと見てくれていたんだなと感じて幸せです」とはにかむ。

 ○…助産師は出産前後のサポートから、中高生への性教育の出前授業、閉経後の相談など女性の一生を支える。多くの喜びや不安を見てきたからこそ、子ども食堂について「出産後は不安を感じるママが多い。食堂はそんなママたちが交流し、笑顔の溢れる場所になれば」と温かく語った。

鶴見区版の人物風土記最新6

中西 実さん

鶴見警察署の署長に新しく就任した

中西 実さん

区内在住 57歳

4月18日

河原 公一さん

4月20日に「春まつり」を行う馬場花木園で園長を務める

河原 公一さん

馬場在勤 63歳

4月11日

鈴木 彩香さん

2023年度の横浜市男女共同参画貢献表彰で「ユース賞」を受賞した

鈴木 彩香さん

鶴見区出身 34歳

4月4日

池田 茂さん

青少年指導員として、インターネットの安全な使い方講座の講師を務めた

池田 茂さん

鶴見中央在住 60歳

3月28日

冨樫 剛一さん

2月から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

横浜市出身 52歳

3月21日

池原 繁尊さん

塗装会社を営み、ボランティアで母校潮田小学校のすべり台の塗装を行った

池原 繁尊さん

仲通在勤 42歳

3月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

鶴見区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook