神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年2月29日 エリアトップへ

寺谷地区で緑化整備を進める住民団体「花と緑の会」の代表を務める 根本 久さん 寺谷在住 76歳

公開:2024年2月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

「自分だからこそ」を貫く

 ○…寺谷地区にある弁天池や熊野神社周辺の緑化整備を進める「寺谷・花と緑の会」の代表を務める。寺谷自治会では副会長を務め、同会の広報紙発行やイベント計画にも尽力する。今回の緑化整備については生まれ育った地域ということで愛着もひとしお。「地域の方々に『何か変わったな』と気づいてもらい、まずは活動の存在を知ってもらうことが大切」と意気込みを語る。

 ○…「昔は寺谷にも小さな商店街があり、駅前に出なくとも日用品が揃っていた」と懐かしむ。地域に空き地もあり、豊岡小学校に通っていた頃は放課後に遊ぶことも多かったという。弁天池にはザリガニ釣りを楽しんだ思い出なども詰まっている。現在は親子3世代で一つ屋根の下に暮らし、にぎやかな日々を過ごす。「孫がかわいいんだけれど、最近は遊びについていけなくて」と白い歯を見せる。

 ○…高校2年生の時に東京五輪が開催され、学校からサッカーのチケットが配布されて三ツ沢球技場まで観戦に行った。「海外の国同士の対戦だったが強く印象に残っている」。そして大学では「自分も選手としてプレーしたい」とサッカー同好会に入部したが、マネージャーとして4年間を過ごすことに。「確かに社会人になってから役立ったけれど、選手としてやりたかったよなあ」と懐かしげに話す。

 ○…「誰かの為に」を原動力に、人権侵害の相談事などに乗る人権擁護委員も務める。自身も20代の頃に仕事で思い悩むことが多く、悩み事のはけ口の持つ大切さを知る一人として、「私だからこそできること」と自負する。「自分に負けないこと」をモットーとし、地域や住民のために「初志貫徹、何でも頑張っていこう」と強い決意で語った。

鶴見区版の人物風土記最新6

中西 実さん

鶴見警察署の署長に新しく就任した

中西 実さん

区内在住 57歳

4月18日

河原 公一さん

4月20日に「春まつり」を行う馬場花木園で園長を務める

河原 公一さん

馬場在勤 63歳

4月11日

鈴木 彩香さん

2023年度の横浜市男女共同参画貢献表彰で「ユース賞」を受賞した

鈴木 彩香さん

鶴見区出身 34歳

4月4日

池田 茂さん

青少年指導員として、インターネットの安全な使い方講座の講師を務めた

池田 茂さん

鶴見中央在住 60歳

3月28日

冨樫 剛一さん

2月から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

横浜市出身 52歳

3月21日

池原 繁尊さん

塗装会社を営み、ボランティアで母校潮田小学校のすべり台の塗装を行った

池原 繁尊さん

仲通在勤 42歳

3月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

鶴見区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook