神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年3月7日 エリアトップへ

横浜国立大学大学院の名誉教授で、無人探査機「SLIM」の月面着陸に貢献した 上野 誠也さん 66歳

公開:2024年3月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

空が秘める可能性探る

 ○…「SLIM」が最小燃料で月面着陸する軌道を横浜国大航空宇宙システム研究室の学生などとともに計算。日本が無人探査機を月面着陸させたのは初めてのことで、その偉業に貢献した。「研究室のメンバーが地道に頑張ってくれた。歴史に残る大きなプロジェクトに携わることができて光栄」と謙虚に話す。

 ○…子どもの頃から飛行機が好きで、プラモデル作りに没頭した。飛行機の絵が実物化された時のことを想像し、それが飛ぶかを予測できるまでになったという。大学・大学院では飛行機の軌道に関する研究などに取り組み、民間企業を経て、32歳で横浜国大に入職。昨年3月に定年を迎えるまで理工学部で教鞭を執り、今は名誉教授として縁の下から学生をサポートする。自然豊かなキャンパスに愛着を持ち、約30年間、環境情報1号棟の目の前にある木々の成長を見守った。みなとみらいのランドマークタワーに覆いかぶる木々を見て、「時の流れを実感する」としみじみ語る。

 ○…現在はJAXAの航空技術部門で、空飛ぶ車が実用化された際の交通整備などを模索する。空を有効活用できれば、移動時間が短縮され、都市部の一極集中などの課題解決が期待される。上空での交通ルールや安全面の確保など、課題は山積みだというが、「空飛ぶ車の実用化は不可能ではない」ときっぱり。「生活の自由度が増し、自分の好きなまちで暮らせるような社会を実現させたい」と夢を語る。

 ○…中学から大学までバドミントンに打ち込んだというスポーツマンの一面もあり、今もプレーする。休日は自然豊かな都内のランニングコースを走り、「心身ともにリフレッシュできる」と笑顔で話す。身近な自然に敬意を払い、空へのロマンを追い求めていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

中西 実さん

鶴見警察署の署長に新しく就任した

中西 実さん

区内在住 57歳

4月18日

河原 公一さん

4月20日に「春まつり」を行う馬場花木園で園長を務める

河原 公一さん

馬場在勤 63歳

4月11日

鈴木 彩香さん

2023年度の横浜市男女共同参画貢献表彰で「ユース賞」を受賞した

鈴木 彩香さん

鶴見区出身 34歳

4月4日

池田 茂さん

青少年指導員として、インターネットの安全な使い方講座の講師を務めた

池田 茂さん

鶴見中央在住 60歳

3月28日

冨樫 剛一さん

2月から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

横浜市出身 52歳

3月21日

池原 繁尊さん

塗装会社を営み、ボランティアで母校潮田小学校のすべり台の塗装を行った

池原 繁尊さん

仲通在勤 42歳

3月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

鶴見区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook