神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

2023年度の横浜市男女共同参画貢献表彰で「ユース賞」を受賞した 鈴木 彩香さん 鶴見区出身 34歳

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

女子ラグビーの魅力伝えたい

 ○…女子ラグビー日本代表として活躍し、引退後もその普及啓発と社会的価値の向上に貢献。その活躍から今後の男女共同参画を担う若手として同表彰のユース賞を受賞した。「1人でも多くの人に競技を知ってもらい、ラグビーを通して輪を広げ、楽しさを共有したい」と爽やかな笑顔で思いを語る。

 ○…鶴見区出身で汐入小学校に通い、3年生の頃にタグラグビーと出会った。「友達とにぎやかにプレーすることがとても楽しかった」と振り返る。そして4年生からは市内のラグビースクールへ。大人に混じっての練習では当たり負けすることも多かったが、持ち前の負けん気で練習に励み、攻守の要となる「センター」のポジションを掴んだ。「チームの勝敗を左右する重要なポジションで、1対1の真剣勝負が楽しかった」と魅力を語る。

 ○…高校生の頃から世界を相手に日本代表として活躍し、更なる技術向上を目指して2020年にイギリスへ留学。苦しい時期もあったが、21年W杯メンバーに選出。フィールドを踏むことは叶わなかったが、仲間に声を発し続け、23年に引退した。「悔いはありませんでした。引退後は選手のサポートをする側に回り、今までの恩返しができると思ったので」。そして現在は女子ラグビーの魅力発信や初心者向け教室などを実施するウィメンズラグビーコミュニティのアドバイザーを務め、後進の育成などに尽力している。

 ○…昨年第一子となる娘を授かった。「愛おしすぎて仕事で離れる時が本当に辛い」と母の顔を見せる。遠征で多くの国を回ったが、観光目的は一度もなかった。「娘が大きくなったら家族で北欧に行ってみたいな」。選手時代とはまた違う柔らかな笑顔で語った。

鶴見区老人クラブ連合会

クラブ活動やイベント情報など盛りだくさん

https://turumiku-roujinkurabu.jimdo.com/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

渡部 琢也さん

独自の食料支援活動を続ける「うしおだ診療所」で所長を務める

渡部 琢也さん

本町通在勤 58歳

5月16日

村田 浩一さん

25周年を迎えたよこはま動物園ズーラシアの園長を務める

村田 浩一さん

横浜市在勤 71歳

5月2日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月2日

熊谷 起一さん

市場西中町まちづくり協議会で事務局長を務める

熊谷 起一さん

市場西中町在住 75歳

4月25日

中西 実さん

鶴見警察署の署長に新しく就任した

中西 実さん

区内在住 57歳

4月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook