神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2013年1月25日 エリアトップへ

(PR)

どうする後継者への事業承継 遺言だけでは「争続」は終わらない 連載第4回/田中・石原・佐々木法律事務所

公開:2013年1月25日

  • LINE
  • hatena
大型案件はもちろん、個人が抱える法律問題にも丁寧・迅速に解決してくれる。遺言・相続には定評が。
大型案件はもちろん、個人が抱える法律問題にも丁寧・迅速に解決してくれる。遺言・相続には定評が。

 今回は多くの中小企業が抱えている事業継承の問題について、田中・石原・佐々木法律事務所の佐々木好一弁護士に聞いた。

 「後継者が実子の場合、子どもが1人であれば問題になることは少ないでしょう。でも、数人いる場合、後継者である子どもと後継者以外の子ども間で争いに発展する可能性があります」と佐々木弁護士。争議になるのは自社株式や事業用資産など後継者に経営権を集中させたいというケースが多いという。これは「遺言」で避けられると思われがちだが佐々木弁護士によると「遺言があったとしてもこれを制約する『遺留分(民法1028条)』というものがあり、遺言の自由を認めながらも、他の相続人の権利を護っています」。例えば、遺言で「A男にすべてを残す」と記しても、配偶者、子、孫など直系の相続人には一定割合を相続する権利が残る。結果として遺言だけでは不十分で争いが起きるという。

将来を見据えた合意を

 「夫であり父である経営者が家族の幸せを願わないわけがありません」と佐々木弁護士。そこで大切なのが合意。遺留分に関しては特例があり話し合いで外すことができるという。方法は遺言と生前贈与。全相続対象者を納得させ、贈与税も相続発生時に納付するため金銭面でも安心。「経営者の思いを相続人に伝えることこそが大切」と話す。今なら「本紙見た」で1回目の相談が無料に。
 

田中・石原・佐々木法律事務所

川崎市中原区新丸子町915-20

TEL:044-712-0221

http://tis-law.com/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

最新の生花祭壇を展示

平安会館みやうち

最新の生花祭壇を展示

4月26日 特別見学会 予約不要

4月12日

約1万6千世帯に給付金

川崎市

約1万6千世帯に給付金

「住民税均等割のみ課税」に限り10万円

4月12日

「1千円以上」買取保証

15〜20年前のデジタルカメラ

「1千円以上」買取保証

5月31日(金)まで

4月12日

「睡眠の質、大丈夫ですか?」

「睡眠の質、大丈夫ですか?」

すずき耳鼻咽喉科クリニック

4月5日

学び、自立、就労を育み10年

「みんなに『母校』を」横浜健育高等学院

学び、自立、就労を育み10年

(福)同愛会 横浜健育センター

3月29日

川崎市無料相続相談会

地元司法書士・税理士・宅建取引士が対応

川崎市無料相続相談会

4月8・9日 中原市民館で

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook