神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2015年6月12日 エリアトップへ

(PR)

知的障がい者が相続人に含まれる場合

公開:2015年6月12日

  • LINE
  • hatena
司法書士 神谷 直 氏
司法書士 神谷 直 氏

 Q、知的障がいの方が相続人に含まれる場合、どうすればよいでしょうか。

 A、相続が発生した場合、相続人全員が遺産をどう相続するかの合議をします。これが遺産分割協議で相続人は自分の相続分を主張でき、協議を速やかに済ませることで相続税の申告期限(10カ月)も守ることができます。

 しかし知的障がいの方が相続人のとき、ご自身の相続分を主張できない場合もあり、権利を保全するために成年後見人の選任が必要で本人に代わり遺産分割協議をします。しかし成年後見人の選任手続きは急いでも3カ月程度はかかり期限内に相続税の申告を済ますのは難しい作業です。また知的障がいのある子どもの成年後見人に誰がなるかは重大な問題で、選任手続きを急ぐのは好ましくありません。この様な理由から相続前に知的障がいがある子どものため事前に相続対策をする必要があり、遺言・成年後見・保険の活用を考えてみてはいかがでしょうか。

神谷司法書士事務所

川崎市中原区新丸子東1-791-3 朝日サンライズ多摩川309

TEL:044-948-9260

http://www.kamiya-office.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

かわさき こどもタウンニュース

ACL勝利で開幕ダッシュ

アジア、リーグ王者へ2024シーズン開幕

アジア、リーグ王者へ2024シーズン開幕

3月1日リーグ戦 ジュビロ磐田戦 午後7時キックオフ

2月16日

お家の「困った」プロが解消

ハウスクリーニング等

お家の「困った」プロが解消

「クリエイティブリペアーズ」

2月16日

新丸子にオープン

相続・終活カフェしんまるcoffee

新丸子にオープン

2月23日 イベント開催

2月16日

弁護士らによる無料相談会

第340回

弁護士らによる無料相談会

先着8組 2月17日、川崎市国際交流センター

2月9日

中原区役所よりお知らせ

ご家族のための講演会/地元まるごと体験!なかはら はじめの一歩

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook