中原区版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

市政報告NO.49 風しん対策 緊急対応事業について みらい川崎市議会議員団 松井たかし

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。川崎市では、風しんの流行と「先天性風しん症候群」の発生を予防するため、「川崎市風しん対策事業」として風しん抗体検査と予防接種を実施しています。

 平成30年7月以降、関東地方を中心に風しん患者の報告数が増加しています。特に30〜50代の男性の患者が多く確認されています。川崎市でも同様に、30〜50代の男性の患者が多く確認されています。このため、現在開会中の第4回定例会において、風しん流行に伴う緊急対応事業費(8000万円)としての補正予算が上程され、11月28日の本会議で議決し、12月3日より緊急対応事業が行なわれています。

 川崎市の風しん対策事業は、【1】妊娠を希望する女性、【2】妊娠を希望する女性のパートナー、【3】妊婦のパートナーを対象者として、市内の医療機関にて、まず抗体検査(風しんの免疫が十分なのか否か)を行なっていただき、抗体が十分でない場合は、麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの予防接種を自己負担3200円でできる制度です。さらに、12月3日からは緊急対応事業として、新たに30〜50代の男性(昭和34年4月2日から平成元年4月1日生の方まで)が対象者となりました。

 風しんは、ワクチンで予防可能な感染症です。男性の方は「かかるまえに! うつすまえに! ひろげるまえに!」、女性の方は「妊娠するまえに!」、積極的にワクチンの予防接種を行なっていただくよう、よろしくお願いいたします。

松井たかしLINE
松井たかしLINE

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

https://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

インクルーシブ公園の整備に向けて

市政報告

インクルーシブ公園の整備に向けて

川崎市議会議員 松原しげふみ

6月25日号

親族間契約の住居手当を不支給へ

市政レポートNo.134

親族間契約の住居手当を不支給へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

6月25日号

プラスチック資源循環促進法成立。川崎市の取組は。

市政報告vol.73

プラスチック資源循環促進法成立。川崎市の取組は。

川崎市議会議員 末永 直

6月11日号

SDGs実現に向け、取り組み強化!

県政報告Vol.17

SDGs実現に向け、取り組み強化!

神奈川県議会議員 川本 学

6月11日号

一日でも早いワクチン接種を

市政レポートNo.104

一日でも早いワクチン接種を

議会運営委員会委員長 原 典之

6月4日号

コロナワクチン最新情報【2】

市政レポートNo.133

コロナワクチン最新情報【2】

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter