中原区版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

市政報告NO.49 風しん対策 緊急対応事業について みらい川崎市議会議員団 松井たかし

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。川崎市では、風しんの流行と「先天性風しん症候群」の発生を予防するため、「川崎市風しん対策事業」として風しん抗体検査と予防接種を実施しています。

 平成30年7月以降、関東地方を中心に風しん患者の報告数が増加しています。特に30〜50代の男性の患者が多く確認されています。川崎市でも同様に、30〜50代の男性の患者が多く確認されています。このため、現在開会中の第4回定例会において、風しん流行に伴う緊急対応事業費(8000万円)としての補正予算が上程され、11月28日の本会議で議決し、12月3日より緊急対応事業が行なわれています。

 川崎市の風しん対策事業は、【1】妊娠を希望する女性、【2】妊娠を希望する女性のパートナー、【3】妊婦のパートナーを対象者として、市内の医療機関にて、まず抗体検査(風しんの免疫が十分なのか否か)を行なっていただき、抗体が十分でない場合は、麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの予防接種を自己負担3200円でできる制度です。さらに、12月3日からは緊急対応事業として、新たに30〜50代の男性(昭和34年4月2日から平成元年4月1日生の方まで)が対象者となりました。

 風しんは、ワクチンで予防可能な感染症です。男性の方は「かかるまえに! うつすまえに! ひろげるまえに!」、女性の方は「妊娠するまえに!」、積極的にワクチンの予防接種を行なっていただくよう、よろしくお願いいたします。

松井たかしLINE
松井たかしLINE

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

https://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

防火水槽を活用して放水訓練

市政レポートNo.114

防火水槽を活用して放水訓練

川崎市議会議員大都市税財政制度調査特別委員会委員長原 典之

7月1日号

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

市政報告

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

川崎市議会議員 松原しげふみ川崎市議会議員 松原しげふみ

6月24日号

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

市政レポートNo.142

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

6月24日号

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook