中原区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

岡本太郎美術館20周年 「みんな見せます」 記念展 前期スタート

文化

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
記念のうちわを手にする大杉さん
記念のうちわを手にする大杉さん

 今年10月に開館20周年を迎える川崎市岡本太郎美術館。およそ60回の企画展を振り返る20周年記念展「これまでの企画展みんな見せます!」が開催中だ。

 川崎市は生前の岡本太郎氏から2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、美術館を創設。常設展示のほか、太郎作品の芸術性を探るものや岡本氏が交流した作家、芸術と社会との関わりをテーマに企画展を開催してきた。

 記念展では10月14日までを前期とし、代表的な作品や資料を展示。「岡本太郎・縄文から現代へ」と題して、岡本氏の多面的な活動などを紹介する。20周年にあたっては、地元企業や団体がうちわでPRするなど、地域一体でムードを高める。担当学芸員の大杉浩司さんは「自治体の美術館は地元の人に愛されなければ。盛り上げていただき本当に感謝している」と話す。

 要入館料。(問)【電話】044・900・9898

読者プレゼント

 同記念展に読者5組10人を招待。はがきに氏名、年齢、電話番号、紙面の感想を明記し、〒211―0042川崎市中原区下新城3の14の7タウンニュース社「岡本太郎美術館」係へ。メールも可(【メール】kawasaki@townnews.jp)。7月25日(木)必着。※当選発表は発送をもって
 

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook