神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年8月25日 エリアトップへ

「子ども関連」多く 22年度「市長への手紙」

社会

公開:2023年8月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市は、市民から市長に意見を届けることができる「市長への手紙」の2022年度の集計結果を公表した。受付件数は2082件(前年度比405件減)、内容別では3507件(同552件減)を受理。子ども関連の意見が多かった。

 内訳では、保育園内でのマスク着用など「保育園・幼稚園」に関するものが223件で最も多く、次いで喫煙や騒音など利用マナーに関する要望など「公園」関連が176件。昨年8月の横浜市の小児医療費助成の拡充を受け、市内でも「小児医療」制度の拡充を求める要望が増え、117件。「学校教育」や「疾病予防」と学校内や日常生活でのマスクの着用緩和を求める要望が4、5位と続く。

 「市長への手紙」は1972年に開始した広聴制度で、市民からの意見や要望に市長が目を通した上で各局が対応。改善例も公表され、「こども文化センター」の本やおもちゃなどの備品が古いという声が多数寄せられた例では、市は昨年12月から地域の情報サイト「ジモティー」と連携し不要な遊具や図書を募集。施設の設備充実だけでなく、市民のリユース意識向上も狙いとする。また「食品ロス問題」では、給食の残食を減らすことなどを目的に中学生らを対象に「給食の献立コンクール」も実施する。

 市の担当者は「コロナウイルスに関わる要望もまだ多いが、この制度が周知され、寄せられる手紙が増えた。より多くの市民の声を聞き、今後に役立てたい」としている。

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

西丸子小で多摩川を語る

俳優・中本さん

西丸子小で多摩川を語る

4年生92人が聴講

6月17日

川崎のマイスター、一堂に

武蔵溝ノ口駅南北自由通路

川崎のマイスター、一堂に

匠の技術が来場者を魅了

6月15日

 能登に義援金「再建を」

川崎市全町内会連合会

 能登に義援金「再建を」

6月14日

 「特別な12年だった」

ニック選手が現役引退 川崎ブレイブサンダース

 「特別な12年だった」

6月14日

花壇の写真を投稿しよう

花壇の写真を投稿しよう

抽選でバッグを進呈

6月14日

愛される場所に 

夢見ヶ崎動物公園

愛される場所に 

新園長 小倉充子さん

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook