神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年9月15日 エリアトップへ

市内在住 城所佑佳里さん 本紙レポート 「先に坊主頭になったよ」 乳がんの友人へエール

社会

公開:2023年9月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
坊主頭になった直後の城所さん=本人提供
坊主頭になった直後の城所さん=本人提供

 中原区のグランドステーションらいふ武蔵新城などの高齢者施設を運営する(株)らいふでエリアマネージャーとして働く宮前区在住の城所佑佳里さん(37)。19歳で出産し、ママ友サークルで出会った友人がいた。友人も18歳で出産し、年齢も近かったことから、すぐに仲良くなった。「若くして出産や育児に奔走した2人だからこそ、分かり合える部分がたくさんあった」と当時を振り返る。その後も交流は続き「一番仲良くしている友人」と城所さん。

 今年5月下旬、「久しぶりに飲みに行こう」と城所さんが誘うと「体調が悪くて飲むのは難しい」と返答があったため、一緒に食事をすることに。久しぶりの再会はさまざまな話で盛り上がった。そんななかで「実はさ、私、乳がんなんだよね」と突然打ち明けられた。3日後から抗がん剤治療が始まるのだという。城所さんは、言葉が見つからず、何も言えなかった。帰宅しても友人の話が耳から離れず。メールで励ましの言葉を送ろうと思ったが、書いては消してを繰り返した。友人が一番気にしていたのは治療で髪の毛が抜けることだった。

 「言葉じゃなくて行動で示そう」と思い、翌朝、美容室を訪れた。「坊主頭にしてください」。そう美容師に告げた。翌日夜、大雨の降る中で、車で友人宅を訪れた。「話したいことがあるから外に出てきて」。城所さんはパーカーのフードを被っており、坊主頭になったことに友人は最初気が付かなかった。「急にどうしたの」。「この前は、何も言えなくてごめん」と泣きながら友人に謝った。「私なりに、行動で示した」とパーカーのフードを脱ぎ、坊主頭を見せた。「冗談でしょ」と友人は笑いながら、ぼろぼろと泣いた。「先に坊主頭になったから、毛が抜けることを恐れないで、明日からの抗がん剤治療、頑張って」。友人は副作用と戦いつつも回復していった。1カ月後、2人で坊主頭を見せあい、大きく笑った。

 城所さんはウイッグをファッションとして楽しんでいる。坊主頭で出掛けると、露骨に笑われたこともある。「私は気にしないけど、病気で仕方なく坊主頭になった人もいる。笑ったり、偏見の目で見ない、そんな社会になってほしい」と思いを込める。

中原区版のローカルニュース最新6

台湾被災地へ義援金

台湾被災地へ義援金

川崎建設業協会

5月18日

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画 川崎市

「第4期」の5年で半減

5月17日

赤ちゃんロボ寄贈

赤ちゃんロボ寄贈

区内企業が保育所などに

5月17日

「川崎の名で初代王者へ」

NECレッドロケッツ

「川崎の名で初代王者へ」

市長に来季抱負語る

5月17日

多文化共生を考える

国際交流センター

多文化共生を考える

7月6日 講演と演奏会

5月17日

大開帳奉修始まる

大開帳奉修始まる

川崎大師平間寺で 31日まで

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook