神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年3月1日 エリアトップへ

バナナ園G 狂言で認知症予防 プロの「小舞」も鑑賞

コミュニティ文化

公開:2024年3月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
鑑賞する入居者たち
鑑賞する入居者たち

高齢者施設「バナナ園グループ生田ヒルズ」(多摩区)で2月16日、伝統芸能を認知症予防に役立てる取り組み「狂言教室」が開催された。

 生田ヒルズでは、入居者の認知症の進行や身体機能の低下を防ぐため、運動療法や園芸療法などを取り入れている。「狂言教室」では和泉流宗家の狂言師を招き、2010年から継続して実施してきた。

 2023年度の狂言教室はプロの女性狂言師である十世三宅藤九郎さんを講師に招き、狂言内の短い歌「小舞謡(こまいうた)」の習得を目指し、昨夏から月に一度のペースで開催してきた。今回は2回目となる対面教室で、狂言特有の発声方法やセリフの練習を、30分ほどかけて入居者とスタッフが体験。続いて藤九郎さんが狂言小舞を披露し、入居者を魅了した。藤九郎さんは「対面だと上達が手に取るようにわかり、私もうれしい。狂言は、人間がどんな境遇でも笑うことを選択してきた一つの証。楽しんで頂けて本望」と話していた。

 ばなな園グループ(中原区新丸子町)では川崎市内を中心に幅広い介護事業を手掛けている。

十世三宅藤九郎さん
十世三宅藤九郎さん

中原区版のローカルニュース最新6

台湾被災地へ義援金

台湾被災地へ義援金

川崎建設業協会

5月18日

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画 川崎市

「第4期」の5年で半減

5月17日

赤ちゃんロボ寄贈

赤ちゃんロボ寄贈

区内企業が保育所などに

5月17日

「川崎の名で初代王者へ」

NECレッドロケッツ

「川崎の名で初代王者へ」

市長に来季抱負語る

5月17日

多文化共生を考える

国際交流センター

多文化共生を考える

7月6日 講演と演奏会

5月17日

大開帳奉修始まる

大開帳奉修始まる

川崎大師平間寺で 31日まで

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook