神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年4月12日 エリアトップへ

中原警察署 小学生14人を指導員に 交通安全啓発に期待

社会

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
そろいのユニフォームを着て委嘱式に参加した児童ら
そろいのユニフォームを着て委嘱式に参加した児童ら

 中原警察署は4月2日、小学生14人を「交通安全児童指導員」に委嘱した。今後は1年間を通し、キャンペーンなどの機会を利用し街頭や商店街などで交通安全を呼び掛ける。

 委嘱式では、児童はそろいの黄緑色の制服とオレンジのスカーフ、ベレー帽姿で出席。佐藤智宏警察署長と交通安全協会の伊藤稔会長から委嘱状と記念品が手渡された。

 式典で佐藤署長は「42年目を迎えた児童指導員は、神奈川県内でも中原区だけで行っている取り組み。これからは模範となって学校の友だちや周囲の人たちに正しい交通安全のルールを伝えてほしい」とあいさつ。伊藤会長は「自転車に乗る際のヘルメット着用が努力義務化されたが、着用率は10%に満たない。自分の命は自分で守ることを君たち自身が率先してほしい」と話した。

 今年のリーダーを務める石野萌々花さん(中原小6年)は「交通安全ルールを守り、事故を防ぐ活動をみんなでがんばりたい」と意気込みを語った。この取り組みは、1982年から中原区独自のものとして続いている。子どもたちが自発的に交通安全を呼び掛けることで、市民の意識向上に一役買っている。

中原区版のローカルニュース最新6

「川崎のルーツ」歴史公園に

「川崎のルーツ」歴史公園に

セレモニーと雅楽で祝う

5月25日

いざへの備え できる限り

鷺沼町会

いざへの備え できる限り

防災ボトル約1100個

5月24日

「安心カード」全戸配布へ

木月一丁目町会

「安心カード」全戸配布へ

震災の教訓生かし

5月24日

被災地支援へ30万円

ソロプチ川崎

被災地支援へ30万円

バザーの収益金を寄付

5月24日

防災リュック、「知って」

子母口南町内会

防災リュック、「知って」

利便性などを周知

5月24日

健康テーマに講座

川崎市・国立衛研

健康テーマに講座

6月2日 食の安全など

5月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook