神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年4月16日 エリアトップへ

「川崎の町名」改訂版発行 地域最新の歴史も紹介

文化

公開:2024年4月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
改訂版を手にPRする金田所長
改訂版を手にPRする金田所長

 川崎市は33年ぶりに『川崎の町名』の改訂版を発行した。市制100周年を機に、地域の変遷などが分かり、自分たちの住む町に愛着を深めてもらいたいとしている。

 市によると、古い歴史を持つ町名が失われることから、町名の保存と、現在の町区域や町名の由来を明らかにすることなどを目的に1991年に初版を発行。「日本地名研究所」(金田久璋所長)が編集に携わった。同研究所は、地名を通して地域の自然や歴史文化を正しく後世に伝えようと1981年に川崎区で発足。全国の地名研究会の中心的役割を担う。

 今回、同研究所は40人近いボランティアとともに、旧版の読み込み作業や地域を歩いて再調査を行い改訂版を完成させた。B5判、395頁で、巻頭には「川崎市のなりたちと地名」と題し、市域の歴史を紹介。町名は区ごとに取り上げられ、沿革や由来が記されている。中原区では、初版以降に加わった新たな町名はないものの、今井、木月などの住居表示について触れられている。既存の町名についても新たな地域の歴史や文化の内容を反映。例えば、等々力では、2019年の台風19号により被災した市民ミュージアムについての記述がある。小杉町1丁目〜3丁目では、JR横須賀線の武蔵小杉駅の開設を契機とした再開発についてや、全国住みたい街ランキング上位の人気エリアになっているといった内容が記される。

市内各所で閲覧可

 市は現在、区役所や出張所、各行政サービスコーナー、図書館、市民館などで閲覧できるよう配架を進める。また、かわさき情報プラザで3700円(税込)で販売も行われている。問い合わせは、市民文化局市民文化振興室【電話】044・200・2122。

中原区版のローカルニュース最新6

イチゴ狩りに招待

新城ファーム

イチゴ狩りに招待

養護学校児童ら体験

5月30日

中原区から10人

春の叙勲・褒章

中原区から10人

5月29日

献血に協力59人

献血に協力59人

川崎中原LC

5月28日

公園の魅力求め社会実験

川崎市

公園の魅力求め社会実験

キッチンカー出店者募集

5月27日

「川崎のルーツ」歴史公園に

「川崎のルーツ」歴史公園に

セレモニーと雅楽で祝う

5月25日

健康テーマに講座

川崎市・国立衛研

健康テーマに講座

6月2日 食の安全など

5月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook