神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

市制100周年事業 初代市長石井氏を語る 市観光協会会長ら登壇

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
パネリストを務めた斎藤氏と小川氏(右から)
パネリストを務めた斎藤氏と小川氏(右から)

 川崎市誕生100周年記念事業「川崎市初代市長 石井泰助のお話」と題したシンポジウムが4月13日、中原区小杉町のユニオンビルで開催された。主催は21世紀川崎教育フォーラム。

 県立歴史博物館の望月一樹館長が「初代市長と市の発展」をテーマに講演。道路などのインフラ整備や工場誘致、そして水道整備といった大規模事業を行い、石井氏が町長時代に私財を投じて市の礎を築いた功績をまとめて解説した。その後、川崎市観光協会の斎藤文夫会長と、5月に公演を行う川崎郷土・市民劇「百年への贈り物〜川崎市誕生ものがたり」を書いた劇作家・小川信夫氏がパネリストとして登壇。斎藤会長が幼少期に見聞きした石井氏の逸話や人物像などを語り、小川氏は物語を書いたきっかけや、主人公としての魅力などについて思いを巡らせた。当日は、川崎市消防音楽隊によるバンド演奏や、日舞扇乃会「多摩川」花柳右学さんと花柳右寿光さんの日本舞踊のアトラクションも行われ、約80人の出席者らを楽しませた。

中原区版のローカルニュース最新6

台湾被災地へ義援金

台湾被災地へ義援金

川崎建設業協会

5月18日

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画 川崎市

「第4期」の5年で半減

5月17日

赤ちゃんロボ寄贈

赤ちゃんロボ寄贈

区内企業が保育所などに

5月17日

「川崎の名で初代王者へ」

NECレッドロケッツ

「川崎の名で初代王者へ」

市長に来季抱負語る

5月17日

多文化共生を考える

国際交流センター

多文化共生を考える

7月6日 講演と演奏会

5月17日

大開帳奉修始まる

大開帳奉修始まる

川崎大師平間寺で 31日まで

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook