神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2013年7月26日 エリアトップへ

ALL鎌倉映画祭を発案した 酒井 太郎さん 雪ノ下在住 43歳

公開:2013年7月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

「伝える」被災地の現実を

 ○…7月から9月の毎月11日に東日本大震災のドキュメンタリーを上映するALL鎌倉映画祭を企画した。「2年の時が経って、被災地の現実を映した作品がどんどん完成してきている。少しでも紹介できればと思って」と話す。2回目となる8月は高校生らによるワールドカフェも予定。「3月11日前後は関心が高まるけど、後はさっぱり。だからこそ、夏の時期にやることを決めたんです」と強い眼差しで語る。

 ○…生まれも育ちも鎌倉。実家はかつて「松ノ湯」という銭湯を若宮大路沿いで営んでいた。父親がかかりつけにしていた医師に憧れたことから、医大へ進学。卒業後はアメリカでその技術を磨いていたが、心臓病を患った息子の治療を日本でやりたいと思ったことから鎌倉に戻り、2007年に雪ノ下に内科クリニックを開業した。「地元の人は僕のことを先生じゃなくて太郎ちゃん、と呼ぶ。とても居心地が良い」と優しい笑みを浮かべる。

 ○…「銭湯の常連のお客さんから多くのことを教わってきた」という幼少期の経験と、医師として直面する高齢者の孤独死の問題などから、地域における銭湯の有用性について講演を行ってきた。2011年初めに知人が立ち上げた「震災銭湯をつくる会」に誘われ、共同代表に就任。災害時に地域の拠点となる銭湯建設を目指す活動を開始した。その矢先に東日本大震災が発生し、9日後には宮城県へ。地域の協力を得ながら往診に向かった。「取り残された寝たきりの人たちは避難所の存在さえ知らない状態。このままじゃいけないと思った」と継続的な支援を決意したという。

 ○…最近は地元で支援を行う団体同士の交流も増えており、今回の映画祭もこうした繋がりから実現した。仕事に活動にと忙しい日々が続き「自分の時間がほとんどない」と苦笑い。それでも「被災地のために、地元でできることを続けていきたい」と前を見据えた。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

山崎 奈々絵さん

YouTubeチャンネル「鎌倉のひとに学びつながる」を運営する

山崎 奈々絵さん

台在住 46歳

5月31日

小林 哲朗さん

県大会優勝の鎌倉学園高校アメリカンフットボール部の監督を務める

小林 哲朗さん

横浜市在住 32歳

5月24日

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook