鎌倉版 掲載号:2014年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

国内外で活躍する鎌倉市出身のヴァイオリニスト 礒 絵里子さん 横須賀市在住

理想の演奏を追い求めて

 ○…若手実力派ヴァイオリニストの一人として、ソロに室内楽、オーケストラとの共演にと年間数十本の演奏会をこなし、全国を飛び回っている。6月1日には、鎌倉芸術館専属の弦楽アンサンブル「鎌倉芸術館ゾリステン」の一員としてステージに立つ。「日本を代表する演奏家と共演できる機会。私自身いつも刺激をもらっています」と故郷での演奏を心待ちにする。

 ○…父の仕事の関係で3歳から8歳まで長野県で過ごした後、鎌倉へ。ヴァイオリンを始めたのは5歳の頃。「練習は嫌いだったのですが、その頃から『一生続けていくのだろうな』という予感のようなものがありました」。桐朋女子高等学校、桐朋学園大学を経て、ベルギーのブリュッセル王立音楽院に留学しイーゴリ・オイストラフ氏に師事した。師の薫陶と本場の空気に触れ「思っていることを表現する力が付いた」と数々のコンクールで入賞を果たした。また異国での経験は心身ともに逞しくしたそうで「舞台でも『何とかなる』と思えるような度胸がつきました」と笑う。

 ○…多忙ななかでも、小・中学校への訪問演奏などアウトリーチ活動も積極的に行っている。「目の前で演奏すると子どもたちは目を輝かせて聞いてくれる。『クラシック』と構えずに、まずは音楽に身を委ねてほしい。そして喜びや悲しみといった音楽がもたらす豊かな感情を味わってもらえたら」と、深遠なその魅力を分かりやすく伝える。

 ○…現在は横須賀市在住。海が間近にありシーカヤックを趣味とする夫の影響で、先日はSUP(スタンドアップパドルボード)を体験した。「すごく面白かった。今年はぜひチャレンジしたい」とアクティブな一面をのぞかせる。そうした姿勢は音楽へのアプローチも同じ。「理想とする演奏はまだまだ先にある。でもそこに少しでも近づくため、自分自身の可能性を広げていきたい」と、これからも挑戦を続けていく。

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク