鎌倉版 掲載号:2015年7月17日号
  • googleplus
  • LINE

会員制図書館「かまくら駅前蔵書室」の開設準備を進める 鈴木 章夫さん 平塚市在住 57歳

「鎌倉好きがつながる場を」

 ○…「入会金」は鎌倉に関する書籍。鎌倉と本を愛する人たちが集い、つながる場所を作りたい―。鎌倉駅東口近くの雑居ビルに「かまくら駅前蔵書室」と名付けた会員制図書館の開設を目指している。「みんなで作って、みんなで成長し、新しい価値が生まれる。そんな拠点を目指したい」と意気込みを語る。

 ○…出身は横浜市。求人広告の代理店で20年以上、デザインやコピーを担当した。鎌倉との関わりは2010年、会社を辞めて仕事を探していた際に、鎌倉市が「みんなの鎌倉遠足」と題した着地型観光ツアーを企画していることを知る。事業を受託した旅行代理店に採用され、禅寺での早朝修行体験や鎌倉に本社を置く有名企業の訪問など、ユニークなツアーをいくつも立ち上げた。どれも盛況だったが、物足りなさも感じていたという。「せっかく鎌倉が好きな人たちが集まっているのにツアーは一度限り。この人たちがつながる場所があれば、もっと面白いことができるはず、と思い続けていた」。

 ○…その後、横浜市内のNPOでソーシャルビジネスにかかわり、東日本大震災の被災地支援も行った。「面白い物件があるんだけど」。知人に紹介されたのは今年春。「ビルの3階で8坪という狭さ。でもそれが魅力的に思えて『蔵書室』のアイデアがすぐに浮かんだ。自分がやってきたこと、人とのつながり、全てが結びついた気がした」と振り返る。資金調達にはクラウドファンディングも利用し、4カ月足らずで開設にこぎつけた。

 ○…30代で平塚市に移り住んだ。同市に本拠を置くサッカーチーム湘南ベルマーレのサポーターだが、8月1日のオープンに向けた準備が続き、しばらく観戦は難しそうだ。「会員や蔵書の確保などまだまだ課題はあるけれど、こういう場所を待っていた、という声も多い。手ごたえを感じています」。そういうと弾けるような笑顔をみせた。

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク