鎌倉版 掲載号:2018年5月18日号 エリアトップへ

カマクラビットラボ代表を務める 山本 修さん 浄明寺在住 65歳

掲載号:2018年5月18日号

  • LINE
  • hatena

ものづくりの楽しさ伝えたい

 ○…元酒蔵を利用した扇ガ谷の実験工房「ファブラボ鎌倉」を舞台に、親子向けプログラミング体験講座をスタートさせた「カマクラビットラボ」の代表を務める。教育用のマイコンボードを活用したワークショップで、プログラミングを分かりやすく、かつ本格的に学び、独自の作品づくりを目指す。「この経験がきっかけとなって、ものづくりの道に進む子どもが増えたらうれしい」と穏やかな笑みを浮かべる。

 ○…横浜で生まれ、小学1年生の時に鎌倉へ。幼い頃、自宅にはエンジニアの父が持ち込んだ様々な機械が転がっていたという。自身もアマチュア無線に熱中。大学では工学部で学び、エレクトロニクスメーカーに就職後は、様々な「日本初」の製品を世に送り出してきた。「大変でしたがやりがいも大きかった」と当時を振り返る。

 〇…3年前に退職し、現在は「あらゆるものが作れる場」「作る人を作る場」をコンセプトとした「ファブラボ」の運営に携わる。「集団生活になじめず不登校になった子どもが工房に来てものづくりの才能を発揮し、次第に学校に行けるようになったケースもあった。画一的な教育になじまない『異能』を、きちんと評価してあげる場が必要だと感じた」。

 〇…プログラミング教育への関心は高まるばかりだが、そこに違和感もあったという。「どうしてもパソコンの操作やプログラミング言語の習得が重要と思われてしまうが、本当に大切なのは自ら課題を理解し、解決に向けた道筋を見つける力」と力強く語る。「豊かな感受性を持ち、何をするべきかを考えられる、これからの社会で必要な能力を身に付けた新しい才能を生み出したい」という「コンピューターおじさん」たちの挑戦は、始まったばかりだ。

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

中田 由美子さん

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む

中田 由美子さん

常盤在住

11月15日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

高橋 佳子さん

NPO法人ふぁみりぃの理事長に就任した

高橋 佳子さん

由比ガ浜在住 47歳

10月18日号

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

作家に学ぶ押し花アート

作家に学ぶ押し花アート

20人に無料で講習

11月26日~11月26日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク