鎌倉版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

鎌倉のとっておき 〈第51回〉 ”結婚”の形、いま昔

長谷寺の良縁地蔵
長谷寺の良縁地蔵

 新たな人生の門出、結婚。年間60万組を超える新婚さんが誕生しているが、その形は時代とともに大きく変化してきた。

 平安時代、結婚は男性が女性の家に通う「通い婚」が一般的。当時は一夫多妻制で、男性は妻を何人めとっても良いとされていた。

 この「通い婚」について、吉田兼好は『徒然草』に「どんな女性でも、朝晩毎日見ていれば気に入らないところも見えてくる。かたや女性は、嫌われても一緒にいて世話をしなければならない。時々通い住む通い婚こそ、年月を経ても絶えない男女の仲になるのではないか。」と綴っている。

 中世鎌倉では、武士はその所領地が一族の生活基盤そのものであり、結婚してもその土地を離れる訳にはいかなかった。こうした事情から、女性が男性の家に入り同居する「嫁迎え婚」が徐々に増えていったという。

 当時の「嫁迎え婚」では、源頼朝の妻、北条政子のように、女性は結婚しても姓は変わらず、財産も自ら持つなど独立性が高かった。その後、家単位の財産相続が進む中、女性への財産分与が減るにつれ、「女性は武士を支える妻」という形へと変化していったようだ。

 時を経て、江戸時代には「嫁迎え婚」が一般的になり、さらに身軽に動ける町人の中には、どちらの家にも入らない現代的な「独立婚」も見られるようになったという。

 仲も睦まじい老若男女が集う古都鎌倉。ここは人々が共に歩んでいく幸せをかみしめられる街でもある。    石塚裕之

鎌倉版のコラム最新6件

鎌倉と市民憲章

鎌倉のとっておき 〈第56回〉

鎌倉と市民憲章

3月29日号

食の定番、鎌倉から

鎌倉のとっておき 〈第55回〉

食の定番、鎌倉から

2月15日号

伝説の地を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第54回〉

伝説の地を訪ねて

2月1日号

鎌倉幕府の裁許〜関東下知状〜

鎌倉のとっておき 〈第53回〉

鎌倉幕府の裁許〜関東下知状〜

1月11日号

鎌倉花物語

鎌倉のとっておき 〈第52回〉

鎌倉花物語

12月21日号

”ぬくもり”鎌倉から

鎌倉のとっておき 〈第50回〉

”ぬくもり”鎌倉から

12月7日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク