神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2019年10月11日 エリアトップへ

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者 本多 理恵子さん 雪ノ下在住 54歳

公開:2019年10月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

料理の「苦痛」から救いたい

 ○…昨年11月に出版した『料理が苦痛だ』がこのほど、レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した。「料理が嫌なら一旦やめてみよう」と投げかけ、「これなら作れる」レシピも紹介。「読者からは『救われた』『泣いた』とすごく長いメールや手紙がたくさん来ました。それだけ苦しんでいる人がいたということですよね」

 ○…群馬県出身。短大卒業後、就職先で出会った夫と結婚し、13年前に鎌倉へ転居。「実家が菓子店だったこともあり、息子に働く姿を見せたいという夢があった」と翌年「カフェリエッタ」を開店。集客のために始めたのが、生徒は「見るだけ」の料理教室だった。「実は私も料理は元々好きではなくて。家と教室で2回作るのは疲れるし、面倒と思う部分を省いたら好評だった」。10年で県内外から延べ1万2千人が訪れる人気教室に成長した。

 ○…一方で多忙を極め、体調が悪化。2年前、入院・手術を経験し、「前と同じ働き方じゃだめ」と教室の頻度を大幅に減らした。これまでを振り返る中で、多くの生徒が料理を「苦痛」に感じることを思い出し、それを救う考え方や経験を伝えようと自ら企画書を出版社に持ち込んだ。さらに大ヒットした1冊目に続き、8月末には続編となる『ようこそ「料理が苦痛」な人の料理教室へ』を出版。「料理をやめると提案したけど、実際にはやめられない人もいる。解決策を届ける責任もある」

 ○…15年に鎌倉の女性事業者の団体「かまフル」をママ友らと立ち上げた。個人事業主同士だが「励まし合い、知恵をもらい合う同僚のような感じ。1人じゃない」と充実した表情を見せる。1人息子が米国に進学した寂しさを埋めるのは、ファンクラブに入っている嵐の「松潤」の姿。「元気をもらえる。仕事で共演できないかな」と笑った。

鎌倉版の人物風土記最新6

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

杉内 重太さん

鎌倉湘南地区のコンソーシアムサポーターを務める

杉内 重太さん

西鎌倉在住 72歳

5月3日

杉内 重太さん

鎌倉湘南地区のコンソーシアムサポーターを務める

杉内 重太さん

西鎌倉在住 72歳

4月26日

斉藤 正朗さん

鎌倉商工会議所青年部の会長に就任した

斉藤 正朗さん

横浜市在住 44歳

4月26日

松原 駿吾さん

鎌倉青少年会館のリニューアル実行委員を務める

松原 駿吾さん

鎌倉学園高校 15歳

4月19日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook