鎌倉版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第116回〉 武士の魂、鎌倉に宿る

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
山村氏製作の刀剣
山村氏製作の刀剣

 刀(剣)といえば、天皇家に伝わる「三種の神器(じんぎ)」の中の「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」がよく知られるが、「武士の魂」といわれた日本刀の名刀「正宗」は、鎌倉生まれの芸術的な逸品である。

 刀剣は、古墳時代(3〜6世紀)の墳墓からも数多く出土しているが、当時の刀剣は、武器であるとともに、装飾品としての位置づけも色濃かったようだ。

 平安後期から鎌倉期にかけては、貴族から武士の世へと変革する中、戦(いくさ)の形も馬に乗りながら弓で射合う騎射戦から、徒歩にて戦う徒戦(かちいくさ)へと移行し、武器としての刀剣の需要は大いに高まっていった。

 こうした中、鎌倉幕府は、山城国(京都府)などから刀工を招き、刀剣づくりに力を注いだため、鎌倉は刀剣の一大生産地となった。特に、鎌倉期末の刀工、五郎入道正宗は、鎌倉で地鉄(じがね)(刀身の素地)の美しい「相州伝」という作風を完成(「正宗」を製作)させた名工だった。

 また、刀剣づくりには、良質な原材料(鉄)が必要だが、日本の渚百選にも選ばれた七里ヶ浜は、砂鉄を多く含んだ砂浜であることから、この渚が鎌倉の刀剣づくりを支えたのではないかともいわれている。

 現在、五郎入道正宗から数えて24代目の山村氏は、鎌倉期からの伝統芸術を継承し、古(いにしえ)より「先を切り開く」といわれる刀剣や包丁などの刃物や鉄工芸品を「正宗工芸」として世に送り出し、その作品は多くの人々に愛されている。  石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

鎌倉のとっておき 〈第119回〉

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

9月3日号

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

鎌倉のとっておき 〈第118回〉

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

8月27日号

鎌倉の音を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第117回〉

鎌倉の音を訪ねて

8月20日号

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

鎌倉のとっておき 〈第114回〉

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook