鎌倉版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

日蓮宗、全国初の布教施設 辻説法跡の隣に建設中

文化

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
六角堂の完成のイメージ(日蓮宗提供)
六角堂の完成のイメージ(日蓮宗提供)

 市内小町の辻説法跡の隣に、宗教法人日蓮宗が新たな布教拠点の建設を進めている。仏教の一宗派として日蓮宗を開いた日蓮聖人(しょうにん)が、700年以上前に教えを広めた鎌倉の地で、その足跡を辿る全国初の施設となる。

 日蓮が道行く人に教えを説いたとされる「日蓮聖人辻説法跡地」。日蓮宗はその隣接地を2009年に取得し、12年かけて計画を進めてきた。そして、日蓮聖人の生誕から800年にあたる今年の6月23日に地鎮祭を開き、建設が始まった。

六角堂、展示室

 「日蓮聖人と時空を超えた心の対話ができる場所」をコンセプトに、椎名純建築事務所(東京都)が設計し、松井建設(株)東京支店が施工。

 日蓮聖人像を奉り参拝できる六角堂、日蓮ゆかりの資料が並ぶ展示室を設け、日蓮聖人を広く知ってもらえるような拠点づくりを目指す。神奈川県第2部宗務所所長の楠山泰道住職(73/横須賀・大明寺)は、「多くの人々に訪れてもらい、観光スポットのひとつになっていけば」と期待を寄せる。

利用開始は年明け

 自然災害や争乱が多く起きた鎌倉時代、人々の苦しみを取り除き、社会全体が幸せになるように願った宗祖・日蓮聖人。千葉県安房郡小湊で生まれ、若かりし頃に初めて布教活動を行った地が、鎌倉の辻説法跡と言われている。

 全国5300カ所の日蓮宗の寺院を除き、布教施設が造られるのは今回が初めて。

 11月下旬の完成を見込み、12月上旬に落慶式を開催。施設の一般利用は、来年1月からを予定する。

辻説法跡の隣に建設
辻説法跡の隣に建設

鎌倉版のトップニュース最新6

今泉地区で好評「健康バー」

今泉地区で好評「健康バー」 社会

清水直道さんが開発

9月17日号

大河通じた鎌倉PR開始

大河通じた鎌倉PR開始 経済

Web「観光公式ガイド」で

9月17日号

「銅」伊藤槙紀さん凱旋

パラ卓球

「銅」伊藤槙紀さん凱旋 スポーツ

「パリでもメダル」目指す

9月10日号

司書の採用求め署名提出

司書の採用求め署名提出 文化

市民団体「ととも」が市へ

9月10日号

所蔵「刀剣」半世紀ぶり展示

鎌倉文華館

所蔵「刀剣」半世紀ぶり展示 文化

国宝6点 ARも駆使

9月3日号

42年越しの快挙

七里ガ浜高

42年越しの快挙 教育

吹奏楽部が初の東関東へ

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook