神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年5月12日 エリアトップへ

5月19日にコンサートを開く「GEMBI」のリーダーを務める 安田 信二さん 逗子市在住 61歳

公開:2023年5月12日

  • X
  • LINE
  • hatena

音楽は人生そのもの

 ○…森高千里さんやSMAPなど、著名な歌手や音楽グループの楽曲を数多く手がけた作曲家。クラシック、ロック、ジャズに加えて、日本古来の雅楽、能楽など33人のトップミュージシャンで結成された「GEMBI(ゲンビ)」のリーダーを務め、多様なジャンルをミックスした演奏に挑戦している。5月19日には鎌倉芸術館でデビューコンサートを開催。「14年住んだ鎌倉で、これまで現存しなかった未知の音楽を披露したい」と意気込む。

 ○…音楽業界に入って40年弱。中学時代の吹奏楽部でドラムに出合い、高校でもロックバンドを続ける。トラック運転手になった後も、ラジオから流れる音楽にアドリブを加えて歌うのが毎日の楽しみだった。「この経験が曲を書く練習になっていた」と、その後は作曲にも挑戦。26歳の時にレコード会社に提出した楽曲が評価され、作曲家として歩み始めた。

 ○…SMAPの『朝日を見に行こうよ』は、作曲家としてスランプに陥っていた時に手がけた楽曲。当時幼かった娘が「お月さまが見たい」と夜中に起きだし、マンションのベランダから一緒に眺めた。その時の情景を朝日を見に桟橋へ行ったことに置き換えた同曲は、スタッフの目に留まりテレビ番組『SMAP×SMAP』のテーマソングとして使用された。「もしかしたらSMAPの皆さんは恋愛の曲と思っていたかも」

 ○…ゲンビでは、100種類の楽器を用い演奏する。譜面のない楽器もあり、音源をパソコンで作成するなど工夫もしてきた。全体練習は前日のみで全員揃うのは本番直前。「各分野のプロが集まっての演奏。どんな音楽になるのか見てみたい」。人生のすべてと語る音楽で、未知との出合いを心待ちにしている。

鎌倉版の人物風土記最新6

佐々木 心音さん

世界遺産検定「マイスター」に、県内最年少で合格した

佐々木 心音さん

清泉女学院高校 16歳

2月23日

小野里 秀美さん

「かまくら献血部」を立ち上げた

小野里 秀美さん

材木座在住 58歳

2月16日

後藤 慶幸さん

2月25日に開催「Jazz in 鎌倉」の実行委員長を務める

後藤 慶幸さん

逗子市在住 64歳

2月9日

木村 和俊さん

湘南漁協鎌倉支所の運営委員長を務める

木村 和俊さん

坂ノ下在住 60歳

2月2日

小山 絵未瑠さん

鎌倉市消防団の最年少団員として活動する

小山 絵未瑠さん

西鎌倉在住 18歳

1月26日

中本 空さん

カマクラシックオーケストラでピアノソリストを務める

中本 空さん

長谷在住 27歳

1月19日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook