神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年9月15日 エリアトップへ

9月18日にイベントを主催する「鎌倉竹部」で代表を務める 樋口 純子さん 極楽寺在住 43歳

公開:2023年9月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

楽しく、持続的に

 ○…市内極楽寺での竹林整備がきっかけで2年前に発足した「鎌倉竹部」の発起人で、代表を務める。天然資源である竹の利活用を、衣食住のさまざまな切り口から考え、形にしていく。現在は35人の部員が在籍し、月1回の定例会の他、竹を用いたワークショップやイベント、竹細工講座などを企画。「竹林整備だけに留まらず、竹の地産地消を促すことで団体の持続性を追求したい」

 ○…福岡県出身。大学卒業後は横浜の会社に勤務。竹とはもともと無縁の生活を送っていたが、7年前に転機が訪れた。娘が生まれ、自然豊かな暮らしを求めて鎌倉に移住。地域で何かしたいと思っていた矢先、自宅裏の竹林に目を付け、「放置すると倒竹やがけ崩れのリスクがある。伐採後の竹も活用できないか」。房総半島で竹を生かした活動をする団体を訪ね、鎌倉での活動を模索した。

 ○…「鎌倉竹部だけでは食べていけない」と、都内でのアパレル業と二足の草鞋を履く。今年から嘱託社員になったことで、鎌倉竹部の活動にも多くの時間を割けるようになった。仕事をしながら竹に関わる日々は、バランスが良くて心地よい。現在の目標は、竹に寄り添う暮らしを加速させること。「仕事として受ける機会が増えることで、趣味から生業へ変化させたい」

 ○…鎌倉竹部では、会社で得られない人間関係を築くことができ、部員を「友達や家族に近い存在」と語る。肩書きは代表だが、個々の持つスキルやネットワークを生かした組織づくりを心がける。マネジメントする上では、企業の立ち上げに関わる仕事に従事する夫の応援も心強い。「竹林は人の手を加えないと朽ちていく。楽しみながら地域に還元できる活動を続けたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

山崎 奈々絵さん

YouTubeチャンネル「鎌倉のひとに学びつながる」を運営する

山崎 奈々絵さん

台在住 46歳

5月31日

小林 哲朗さん

県大会優勝の鎌倉学園高校アメリカンフットボール部の監督を務める

小林 哲朗さん

横浜市在住 32歳

5月24日

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook