神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年2月2日 エリアトップへ

湘南漁協鎌倉支所の運営委員長を務める 木村 和俊さん 坂ノ下在住 60歳

公開:2024年2月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

和気あいあいと

 ○…鎌倉漁協、藤沢市漁協、葉山町漁協、大楠漁協の4つが合併し、「湘南漁業協同組合」が1月に発足。組合員数や漁獲量の減少を背景に、持続可能な運営体制を整えていく中で、鎌倉漁協も輪に加わった。鎌倉漁協は湘南漁協鎌倉支所に看板を変え、肩書きも「鎌倉漁協組合長」から「鎌倉支所運営委員長」へ。湘南漁協の副組合長も兼務する。「名前は変わったけれど、拠点や漁場の範囲はこれまで通り。漁師の未来を考えると、組合を存続できたのはいいこと」と語る。

 ○…坂ノ下で生まれ、漁師の系譜を継ぐ。小学校、中学校、高校はサッカーに熱中。キャプテンを任されたり、地区選抜メンバーに選出されたりと思い出が色濃く残る。育った環境から、中学の時には漁師の道へ進む決意を固め、三崎水産高校(現・海洋科学高)に進学。18歳の春には漁業組合に加入し、漁師人生を踏み出した。

 ○…それから40年近くを経て2020年3月30日、鎌倉漁協の組合長に。奇しくも同日、漁師と同期間にわたって継続する消防団員の活動が評価され、消防長官表彰を受けた。その日の午前中は制服を着て消防署へ、午後は漁師仲間と組合の総会。「大変な日だった」と振り返る1日から、鎌倉の漁業をけん引している。

 ○…好きな魚はアジ、ヒラメ、カマス。特に好んで食べるのが、カマスを使った「水なます」。氷水に味噌をとき、細かくたたいたカマスを入れる。冷や汁のイメージだ。「これがうまい。みなさんにおすすめしたい」と表情を緩める。

 ○…組合再編によって新たな船出を切った湘南漁協鎌倉支所。「みんなで和気あいあいとするのが好き」というリーダーは、漁師たちの明るい未来に向けて舵を取る。

鎌倉版の人物風土記最新6

佐々木 心音さん

世界遺産検定「マイスター」に、県内最年少で合格した

佐々木 心音さん

清泉女学院高校 16歳

2月23日

小野里 秀美さん

「かまくら献血部」を立ち上げた

小野里 秀美さん

材木座在住 58歳

2月16日

後藤 慶幸さん

2月25日に開催「Jazz in 鎌倉」の実行委員長を務める

後藤 慶幸さん

逗子市在住 64歳

2月9日

木村 和俊さん

湘南漁協鎌倉支所の運営委員長を務める

木村 和俊さん

坂ノ下在住 60歳

2月2日

小山 絵未瑠さん

鎌倉市消防団の最年少団員として活動する

小山 絵未瑠さん

西鎌倉在住 18歳

1月26日

中本 空さん

カマクラシックオーケストラでピアノソリストを務める

中本 空さん

長谷在住 27歳

1月19日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook