海老名版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

龍峰寺 国重文・千手観音立像を公開 秘仏開帳に合わせ、ツアー開催

社会

年に2回のみ参拝できる
年に2回のみ参拝できる

 国分北の龍峰寺(大西龍彦住職)に安置されている国指定重要文化財の「木造千手観音立像」が、3月17日(金)に公開される。

 平安時代に造られ、京都の清水寺に安置されているものと同じ様式で、極めて珍しいものとされている国重文の千手観音立像。開帳されるのは、元旦と千手観音の縁日である3月17日の年2日のみで、秘仏を一目見ようと毎年多くの人が同寺に訪れている。

 なお、これに合わせ、NPO法人「海老名ガイド協会」(西佑治会長)では、龍峰寺をはじめ相模国分寺跡や逆川船着場跡など、市内の史跡を歩いて巡るガイド付きのツアーを企画している。

 ツアーへの参加希望者は開帳当日、午後1時までに中央公園内の「七重塔」前に集合。参加費は300円(中学生以下は無料)。雨天決行。問合せは同協会・西会長【電話】046・231・3886へ。

 また同日には「観音大祭」も開催。問合せは同寺【電話】046・231・5074へ。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

市長賞に大高さん

調べる学習コンクール

市長賞に大高さん

12月15日号

新たに「シール」製作

海老名署

新たに「シール」製作

12月15日号

市民の意見を募集

市民の意見を募集

12月15日号

市内小学生が最優秀賞

水辺の風景画コンテスト

市内小学生が最優秀賞

12月15日号

映画から学ぶ中国現代史

国連大使が活動報告

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画から学ぶ中国現代史

映画から学ぶ中国現代史

22日、大学准教授の講演も

12月22日~12月22日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク