海老名版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

DeNAベイスターズカップ市内2選手が優勝に貢献板垣選手(海西中)と中山選手(大谷中)

スポーツ

板垣選手(左)と中山選手(右)
板垣選手(左)と中山選手(右)
 県内の中学硬式野球チームの頂点を決める「第5回DeNAベイスターズカップ」で優勝した湘南ボーイズ。市内在住の板垣翔大選手(海西中2年)と中山大輔選手(大谷中2年)がチームの主軸となって活躍し、同チームの2年連続優勝に貢献した。

 中学硬式野球の頂点をかけ「リトルシニア」「ボーイズ」「ポニー」「ヤング」の4リーグの予選を勝ち抜いた8チームが参戦する大会。湘南ボーイズは、31の県内ボーイズチームで競われた予選を突破し、同大会への出場権を手にしていた。

 ベイスターズカップ本戦では初戦を快勝するも、続く準決勝は延長戦までもつれ込む展開に。昨年覇者としての意地を見せ、勝利を収めた。

 決勝戦は強豪・海老名リトルシニアとの一戦。MAX136Kmの速球と、ストレートと同じフォームから繰り出すキレのあるスライダーが武器の板垣選手が好投を見せた。中山選手も膠着状態を破る二塁打を放ち、大量得点を奪う流れを引き寄せた立役者としてチームをけん引し、優勝へと導いた。

 板垣選手は小学時代、660人の応募者の中から18人が選ばれる「ベイスターズジュニア」に選抜されている。「初戦はイマイチだったものの、準決勝、決勝で修正が出来たのが良かった。中学引退までにはスピードと制球力を向上させていきたい」と語った。

 一方の中山選手も、小学時代から抜群のバッティングセンスで注目を集めている。湘南に進んでからはさらに磨きをかけ、高い技術を身につけたという。大会を振り返り、「大事な場面で結果につなげられたのが良かった。今後は守備面でも活躍できる選手になりたい」と目標を語った。

海老名版のトップニュース最新6件

父想い「私設図書館」設立

柏ケ谷在住上澤夫妻

父想い「私設図書館」設立

11月17日号

世界大会で2人が栄冠

硬式空手道選手権

世界大会で2人が栄冠

11月17日号

海老名東柏太鼓が県優勝

30年の歩み、音色に込める

海老名市民吹奏楽団

30年の歩み、音色に込める

11月10日号

鈴木氏、世界会長へ

国際口腔インプラント学会

鈴木氏、世界会長へ

11月3日号

塩見選手(元 海シニア)ヤクルト4位に

プロ野球 ドラフト会議

塩見選手(元 海シニア)ヤクルト4位に

11月3日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森本さんの写真展

森本さんの写真展

11月17日から

11月17日~11月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク