海老名版 掲載号:2017年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

中野に県西部新物流拠点

社会

郵便物の区分業務担う

式典には内野市長らが出席
式典には内野市長らが出席
 「神奈川西郵便局」(市内中野)の開局に先立ち、9月8日に落成式典が実施された。

 同局は、東名や圏央道の通る海老名の利便性を活かし、県西部の新たな物流拠点として設けられたもの。これにより、これまで綾瀬市小園の綾瀬郵便局が担ってきた、郵便物やゆうパックを各地域の郵便局に仕分ける「地域区分業務」が移管されることになる。なお、同局には一般客向け窓口やATMの設置はない。

 式典には、内野優市長や海老名商工会議所の三田佳美会頭、中野自治会の牛村隆信会長をはじめ、関係者らが出席。内野市長は「人が集まると活気が出るので企業に来ていただけるのは大歓迎。今後地域との連携を深めていってほしい」と言葉を贈った。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク