鎌倉版 掲載号:2017年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

「ふらっとカフェ鎌倉」の代表を務める 渡邉 公子さん 稲村ガ崎在住 74歳

食でつなぐ命と地域

 ○…全国で広がる「子ども食堂」をヒントに、幅広い世代が集い食事をしようと、先月末に第1回が開催された「ふらっとカフェ鎌倉」。これを運営する市民団体の代表を務める。会場は定休日の飲食店を借り受け、食材の一部は寄付で賄うなど、すべて市民による手作りなのが特徴だ。週1回の開催をめざし、約20人のメンバーと共に準備に奔走する。「みんなで気軽に楽しく、美味しいご飯を食べる場にしたい」と意気込みを語る。

 ○…横浜市出身。2歳のときに栃木県へ疎開し、高校卒業まで過ごした。小学4年生の時、級友たちの弁当が白米に梅干しだけだと知ると、自らリアカーを引っ張り農家へ。食材の提供を直談判し、料理上手な母や校長とともに「けんちん汁」を作って給食として振る舞うなど、この頃から行動力は抜群だった。実践女子大学で染色や服飾のベーシックデザインを学び、卒業後は大学や高校で非常勤講師として働く傍ら、工芸作家として作品発表を続けた。現在は県立金井高校で家庭科の講師を務め、農業体験など特色ある授業を行っている。

 ○…知人の紹介で鎌倉に来たのは約40年前。仕事と子育てを両立しながら、市民活動にも積極的に関わり、2012年から16年まで鎌倉市市民活動センター運営会議の理事長を務めた。今でも世代を超えた人たちを繋ぎ、様々な団体やイベントの開催に携わっている。「鎌倉は自然が豊かで、活動的な方もたくさんいる。とても楽しい環境です」という。

 ○…子どもの頃、食卓には祖母が摘んだ野草や、母が腕によりをかけた季節の料理が並んでいた。「大変な時代だったけど、昔からの生活の知恵が詰まっていた。なにより命をいただいている実感がありました」と振り返る。ふらっとカフェでは、自らが受け継いできた「生きること」「食べること」の基本を、子どもたちに伝えるつもりだ。

鎌倉版の人物風土記最新6件

鈴木 日敬(にちきょう)さん

妙本寺の第82世貫首に就任した

鈴木 日敬(にちきょう)さん

12月15日号

丸山 裕子さん

今年度の「神奈川県保育賞」を受賞した

丸山 裕子さん

12月8日号

小宮 三智男さん

「現代の名工」に選ばれた

小宮 三智男さん

12月1日号

山本 真也さん

12月3日に開催される「鎌倉囃子コンテスト」を企画した

山本 真也さん

11月24日号

薄永(うすなが) 礼子さん

22年にわたって防犯指導員を務め「防犯栄誉銀章」を受賞した

薄永(うすなが) 礼子さん

11月17日号

中里 宏司さん

鎌倉市出身で元Jリーグ湘南ベルマーレ選手

中里 宏司さん

11月10日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク