港北区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

関東地区の高校生将棋ナンバーワンを掴んだ 丸川 友幸さん 慶応高校2年生 17歳

”読む力”蓄え、前進していく

 ○…「まさか優勝できるとは」。昨年末、関東地区の高校生将棋ナンバーワンを決める「関東地区高等学校文化連盟将棋大会」の頂点に立った。「これまで他の大会でも良くても2位。なかなか優勝できなかったので、本当にうれしい」と照れながら笑顔を見せる。「適度な緊張感を保てたのが勝因です」

 ○…同大会の決勝戦の相手は中学時代から、同じ将棋クラブで技を競い合ってきた親友。「互いに手の内を知り合っている仲なので、やりづらかった。初対戦の相手の方がいいです」と振り返る。”関東1”を競う盤上の戦いは、細かい戦術をもって挑んだ序盤戦を制し、20手先まで見ることのできる”読みの力”でねじ伏せた。「私が考える”勝つ将棋”は、セオリー通りの最善手を打つことではなく、相手の予想外の手を打つことです」。持ち前の高い集中力の勝利だった。

 ○…将棋に出会ったのは小学2年生の頃。父親との遊びのなかで駒に触れた。「おもしろかったですね。徐々にのめり込んでいきました」。普段は、詰め将棋や、全国の強い相手と対戦できるインターネット上での対局で力を蓄える。「将棋は教わるものではないですから。集中するときは、3時間ぐらいの間、対局を続けます。でも、気まぐれなのでやらないときは全く指しません」。1つのことにのめり込むタイプと自己分析。新しいことへのチャレンジの方が難しいという。

 ○…「将来は博物館の館長になれればいいです」と笑う。プロ棋士になるには力が足りないと考えている。「私は臆病者なんですよ。心配だから、常に研究して前に進んでいく。将棋も他のことも」。常に答えを探していくのが好きだという。今月末、もうひとつの柱と位置づける、全国大会へ県代表として出場する。「心配性なので、前日に緊張して寝られないことが多い。体調を整えられれば自信はあります」。謙虚さの中に”芯の強さ”を垣間見せた。
 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

飯島 茂さん

映画「秘境ヒマラヤ」に記録された探検隊に参加していた

飯島 茂さん

2月8日号

宮崎 安夫さん

消しゴムスタンプ講座の講師を務める

宮崎 安夫さん

2月1日号

鈴木 正さん

港北区神社氏子総代会会長を務める

鈴木 正さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク