港北区版 掲載号:2012年4月5日号

音声ガイドが県から評価を受けた「ヨコハマらいぶシネマ」代表

鳥居 秀和さん

日吉本町在住 52歳

視覚障害者に映画を

 ○…市内で視覚障害者のために映画や「港北区民ミュージカル」に音声ガイドをつける活動を続ける「ヨコハマらいぶシネマ」の代表。神奈川県が社会貢献度の高い活動で先進性・発展性を評価するボランタリー活動奨励賞受賞団体に名を連ねた。「これまでやってきたことが評価されてよかった。それとともに続けていくことの大変さや責任感を感じています」

 ○…大学卒業後、教職の道へ。初赴任した学校で個別学級を受け持ち、障害者教育に携わった。「深く子どもたちと関わり合い、勉強になった。教育の原点です」と振り返る。障害者教育や福祉に興味をもち、横浜市立盲特別支援学校で10年間経験を積んだ。その経験と「好きな映画で社会の役に立ちたい」という思いから5年前、目の不自由な人とともに映画鑑賞推進活動をするボランティア団体に入会。視覚障害者にも映画などを楽しんでもらうために、情景の説明やセリフを映像に合わせて読む「音声ガイド」を学んだ。

 ○…中区にある名画座で知られる「シネマ ジャック&ベティ」の支配人に声をかけられ、「ヨコハマらいぶシネマ」を立ち上げた。モットーは”今映画館でやっている旬な映画に音声ガイドをつける”こと。上映までには何度も練習を重ね、完成度を高めるために全力を尽くす。「視覚障害者や映画に詳しいメンバーの意見を聞き、情景描写や表現が間違っていないか念入りに確認しています」。プレッシャーのなかに楽しみを見つけている。

 ○…「障害者にも音声ガイドはまだまだ認知不足です」と掲げる理想とのギャップを語る。しかし音声ガイドを体験した視覚障害者からは「映画は関係のない世界だと思っていた。本当に嬉しい」という感嘆の声が。「視覚障害者が当たり前に映画を観られるようにしたい。将来的にはテレビにも音声ガイドがつけば」。目標に向け着実に歩を進めている。
 

新築一戸建 ウィザースガーデン

1月28日までのご成約で家具・家電111万ポイントプレゼント

http://www.withearth.jp/bunjyo/2018kanagawa01/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

田中 佐知子さん

区内で昔話紙芝居上演を行う「たまてばこ」の代表を務める

田中 佐知子さん

1月19日号

落合 啓士(ひろし)さん

ブラインドサッカー日本代表選手として活躍する

落合 啓士(ひろし)さん

1月12日号

三村 亜生(あおい)さん

女子15人制ラグビー日本代表として12月のワールドカップ地区予選に出場した

三村 亜生(あおい)さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

吉田 哲夫さん

緑化フェアのカウントダウンボード設置をけん引した市緑の協会理事長を務める

吉田 哲夫さん

12月22日号

岩井 昌弘さん

25周年を迎えた新横浜グレイスホテルの総支配人を務める

岩井 昌弘さん

12月15日号

関東労災病院 市民公開講座

「がん」をテーマに専門医が分かりやすく講演

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「30年も明るく朗らかに」

「30年も明るく朗らかに」

21日、港北ほのぼの寄席

1月21日~1月21日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク