港北区版 掲載号:2013年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

6月8日・9日に行われる横浜開港祭の実行委員長として準備を進めている 関 一夫さん 台町在住 38歳

一期一会の精神で

 ○…「緊張感はあるが、我々の活動をPRするチャンスだと思ってやっている」。横浜港の「誕生日」を祝う市民祭。今年はアフリカ開発会議の影響で日程が変更となった。市民が一堂に会する大イベントに向け、実行委員である横浜青年会議所(JC)のメンバーらと共に、各方面で折衝を続ける毎日だ。「開港の歴史に触れることで、市民としての誇りを感じてもらいたい」と意気込む。

 ○…老舗料亭を営む家庭に生まれ、3人兄弟の長男として育った。父の影響から小学6年生でゴルフを始めた。「ただ好きなだけ」と謙遜するが、今やシングルの腕前。桐蔭学園中ではブラスバンド部に所属し、スーザフォンという楽器で念願だった「甲子園デビュー」も果たしている。横浜桐蔭大学では、スノーボードに熱中。ボランティアサークルも立ち上げ、定期的に老人ホームで介護の手伝いなどをしていた。「1期生だったので、自分たちで作り上げなければならない状況だった」

 ○…4年間のロンドン留学を経て2001年に帰国。現在は『滝川』の3代目として修業中。「おもてなしの心でお客様と接することを心がけている。『おいしかった』と言われるのが一番うれしい」と人懐っこい笑顔を見せる。同年、横浜JCに入会。その後、全国から400人を招いたゴルフ交流事業など、数々の活動に携わってきた。思い出深いのは、11年の拡大委員長時代。「東日本大震災の発生した年であり、JC活動の魅力を再認識することができた」と振り返る。

 ○…一期一会がモットー。「人脈は財産だ」と言い切る。妻とはJC活動を通じて出会った。昨年11月に入籍、結婚式は開港祭後に行う予定だ。慌ただしい日々が続きゴルフの回数は減ったが、「次代を担う子どもたちに伝えたいものがある」と意に介さない。JCは40歳で卒業となるため、この開港祭を集大成に見据えている。
 

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

石田 仁(ひとし)さん

30日に開設する「港北区生きがい就労支援スポット」の統括責任者

石田 仁(ひとし)さん

3月29日号

栗原 郁男さん

10周年を迎えたトレッサ横浜のプレジデントを務める

栗原 郁男さん

3月22日号

中町 哲さん

振り込め詐欺を複数防止したとして県警より感謝状を贈られた JR小机駅長を務める

中町 哲さん

3月15日号

川島 武俊さん

港北区制80周年記念事業企画委員会の会長を務める

川島 武俊さん

3月1日号

畑中 祐美子さん

子育てアプリの開発を企画した

畑中 祐美子さん

2月22日号

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク