港北区版 掲載号:2014年7月10日号 エリアトップへ

県政報告122 「あき家」対策しっかりと 県議会議員民主党・かながわクラブ はかりや珠江

掲載号:2014年7月10日号

  • LINE
  • hatena

 今年の夏は、エルニーニョ現象の影響で季節の進みが遅いとのこと。大雨による浸水や土砂災害などに注意しましょう。

 今回は「あき家」問題について、取り上げます。

*「あき家」はどのくらいあるの?

 誰も住まなくなった家屋等がきちんと管理されず、近隣の方が困っているーそんな事例が増加し、対策が求められています。

 県内のあき家総数は年々増加しており(=表参照)、平成20年の「土地統計調査」によると、約42万9千戸で、全国で第3位の多さ。このうち破損があるなど適正に管理されていないあき家は約9万戸。25年までの増加を見込むと、大まかに見て5戸に1戸が管理不十分ということになります。

 県内では75歳以上の単身世帯の持ち家が約10万戸あり、これらが将来管理不十分なあき家とならないよう、予防策に力を入れることが重要です。

*あき家問題は複雑

 周辺住民の方にとって困るのは、防火や防犯、衛生面などで住環境が悪化すること。改善しようにも所有者が掴めず連絡が取れないケースも多いといいます。

 一方所有者側にも事情があるようです。例えば転勤や入院などで長い間不在となる、取り壊し予定だが未着手、所有者が遠隔地にいて管理も利用もできないなど、解決に時間や労力がかかるケースです。

 県では神奈川県居住者支援協議会が所有者向けの相談窓口を開設しました。

空き家所有者向け相談窓口

045-664-6901

*予防策をどうする

 「民主党かながわクラブ県議団」では、あき家の利活用や予防策を強化するよう本会議等で提案してきました。一般的な不動産取引に向かない物件も、使いたい人と所有者を結びつけるしくみがあれば活用できます。知事は、貸し手と借り手を上手に結びつけるしくみを作ること、あき家の発生を予防するための事例集を作成することを表明。

 建設常任委員会では私の質問に対し、「あき家発生の要因や問題点、対応策等をまとめた事例集を27年1月までに作成・公表する」との方針が示され、対策が前進しました。必要な人に情報が届き、あき家問題に対する県民の意識が向上するよう工夫して、普及・啓発に取組むよう求めました。

 住まいは人のくらしを支える大切な財産。法整備の検討や条例を制定する自治体も増えてきました。「宝の持ち腐れ」にならないように、使う見込みのない住居をどうするか、「住まいの終活」を行うことが第1歩と言えそうです。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TE:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

空家条例が可決

地域の声をカタチに 市政報告

空家条例が可決

横浜市会議員 望月やすひろ

2月25日号

間もなく開花の季節、県のコロナ対策最前線

県政報告 ㉚

間もなく開花の季節、県のコロナ対策最前線

県議会議員 武田しょう

2月25日号

住民投票制度の課題と、議会の役割について

市政報告Vol.50

住民投票制度の課題と、議会の役割について

横浜市会議員 さかい誠

2月11日号

安全と快適を”つなぐ”道路

市政報告

安全と快適を”つなぐ”道路

横浜市会議員 望月やすひろ

1月28日号

港北の絆、新たなカタチで

港北の絆、新たなカタチで

自民党 さかい 誠

1月1日号

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県政報告

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク