港北区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

港北区災害ボランティア連絡会長として啓発活動を行う 井上 礼子さん 仲手原在住 76歳

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

築いた関係で「いざ」に備える

 ○…多くの市民が災害ボランティアとして参加した阪神・淡路大震災が起きた1995年を「ボランティア元年」と呼ぶ。それを受け98年に設立された港北区災害ボランティア連絡会は、区内で災害が起きた際に、ボランティアセンターを立ち上げ、集まった人を支援が必要な場所へ振り分ける役割を担う他、発生に備え啓発活動に取り組む。「大震災20年を迎え、改めて『私たちにできること』を考えていきたい」と話す。

 〇…同会発足に携わった、区ボランティア連絡会の副会長を務めていたことから参加。「阪神・淡路の報道を見て、災害時に困っている人のためにもボランティアの必要性を強く感じました」。立ち上げ当初は、「区民に浸透するのか」「行政から予算は下りるのか」など見通しが立たず、不安も大きかった。特に印象に残っているのは東日本大震災。現地に何度も赴き、僧侶が海に向かって読経する姿に心が痛んだ。「災害はいつ起こるかわからない。『いざという時』に備えて準備しておくことが大事」と心に決めた。

 〇…青少年指導員や仲手原自治会長などさまざまな地域活動にも貢献。子どもの頃から「お節介焼きだった」と振り返る。高校卒業後、義父の跡を継ぎ、接骨院の院長に。「色んな世代の患者の悩みを聞く仕事。今の活動の土台になっています」。20年以上前に美容師の勧めで始めたという赤く染めた髪は交友関係作りに役立つトレードマーク。「すぐに覚えてもらえます。チャラチャラしていると勘違いされることも」と笑う。

 〇…昨年12月、区役所と区社協の3者間で、大規模災害時の迅速な対応を目的とした「港北区災害ボランティアセンター設置・運営に関する協定」を締結した。「会としての夢が実現した」と喜ぶ。定期的に避難訓練等を行い、2月8日には災害ボランティアセミナーも開催する。築き上げたネットワークを生かし、災害時のための備えを続けていく。

※礼「れい」は(ころもへん)と豊

 

港北区版の人物風土記最新6

児山 由紀子さん

ダブルケアカフェを地域子育て支援拠点どろっぷで初開催する

児山 由紀子さん

日吉本町在住 45歳

6月24日号

横溝 あけみさん

港北区更生保護女性会の会長を務める

横溝 あけみさん

新吉田東在住 69歳

6月17日号

葛谷 舞子さん

障がい児親子の写真展を企画し、FMヨコハマに出演予定のカメラマン

葛谷 舞子さん

日吉在住 44歳

6月10日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

横浜市在住 30歳

6月3日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月27日号

永井 温子さん

15日に開催された「第1回 妙蓮寺 本の市」の発案者である

永井 温子さん

瀬谷区在住 29歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter