港北区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

しのはらジュニアオーケストラの指揮者を務める 福井 雄一さん 日吉本町在住 47歳

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena

音と音で会話する

 ○…元気に、しかし繊細に音を響かせる「しのはらジュニアオーケストラ」。その一つひとつの立派な音の粒をまとめている。先日行われた2回目の定期演奏会では、昨年秋の初回よりも成長を見せた。「前回は緊張してためらいもあったようですが、今回は思いっきり楽しんでいる様子でしたね」と笑顔。団員たちには、オケを通して、”聴く”ということを身に付けて欲しいという。「音楽はコミュニケーション。団員と、観客と、通じあって欲しい」

 ○…現在、現代劇やオペラを中心に日本各地でタクトを振っている。音楽に初めて触れたのは幼い頃。姉が弾くピアノに興味を持ち、自身も9歳から様々な音色を聞き分け操る電子オルガンを始めた。中学時代からは、吹奏楽部や地元のジュニアオケでホルンを担当。「本当はトランペットが良かったんだけど、じゃんけんで負けちゃって」といたずらっぽく笑う。中高と続け、音大へ入学。演奏者としてあらゆるオケの手伝いをしていた経験もある。

 ○…しかし、心の片隅にあったのが、指揮者への憧れ。吹奏楽やジュニアオケの指揮者が作る音楽はいつも魅了されるものばかりだった。「自分も理想の音楽を作りたい」。そうして留学を通してドイツにオランダ、ハンガリーなど何か国ものオケで研さんを積んだ。様々なコンクールに出場し、入賞したことも。そこで気付いたのは、その国の話し方の特徴が、音楽にもそのまま表れているということ。その発見から言語に興味を持ち、7か国ほどの言葉を勉強している。

 ○…山登りが好きで、アルプスなどをハイキングしたことも。「一つの山でも、景色が次々変わっていくのが何だか不思議で。楽しいですよね」。また、二人の息子を持ち、小2の兄は同団でパーカッションとして活躍。「わざわざ音楽を聞かせているわけじゃないんですけどね」と笑うが、きっとそんな父の背中をしかと見つめているのだろう。

港北区版の人物風土記最新6

大竹 英二さん

菊名でハーモニカ教室を開き、朝ドラ『エール』では楽器指導を担当した

大竹 英二さん

港北区在勤 51歳

9月17日号

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

韓国伝統舞踊家として、区内や各都市で舞台に出演する

金(きむ) 春江(ちゅんがん)さん

港北区在住 56歳

9月10日号

松井 寿徳さん

小机の歴史を基にしたボイスドラマを制作した地域演劇集団スターリンクスを主宰する

松井 寿徳さん

港北区菊名在住 48歳

9月3日号

磯貝 嘉広さん

鶴見川の自然を撮影した映像が、NHK『さわやか自然百景』で放映される

磯貝 嘉広さん

港北区在住 49歳

8月27日号

平井 誠二さん

大倉精神文化研究所の理事長に就任し、同研究所長と附属図書館長を兼任する

平井 誠二さん

緑区中山在住 63歳

8月20日号

阪田 知樹さん

オンライン芸術祭「横浜WEBステージ」に出演するピアニスト

阪田 知樹さん

港北区在住 26歳

8月13日号

めぐみ保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://megumi.hazawa.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク