港北区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

県政報告170 「心のバリアフリー社会」実現を 県議会議員かながわ民進党県議団 はかりや珠江

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 県立の障がい者施設「津久井やまゆり園」で19名もの尊い命が奪われた悲惨な事件から1年がたとうとしています。

 県は事件のあった7月26日を含む1週間(24〜30日)を「ともに生きる社会かながわ推進週間」とし、共生社会実現に向けた啓発活動を進めています。

*ともに生きる社会かながわ憲章

 この事件は「障がい者はいなくなればいい」という偏見や差別意識を持つ人物による許しがたい凶行で、手厚い被害関係者へのケアが重要です。また、同様の事件の再発を防ぐためには多面的な対策を講じていかなければなりません。

 その一つとして昨年10月、県と県議会は共生社会実現にむけた理念を県民の皆さんと共有すべく「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。

 憲章では「◎温かい心をもって、すべての人のいのちを大切にする◎誰もがその人らしく暮らすことのできる社会を実現する◎障がい者の社会参加を妨げるあらゆる壁、偏見、差別を排除する◎憲章の実現に向け県民総ぐるみで取り組む」を掲げています。

 県民の皆さんの関心を高めるため、イベント的な啓発活動もあっていいと思いますが、内容は吟味すべき。「心のバリアフリー」を図るには、様々な機会をとらえ、地域で障がい者の方々と一緒に活動する場面を作ることが大切だと思います。

*共生社会実現にむけて

 県では「障がい者を特別視せず、一般社会の中で普通に生活が送れるよう条件を整えて、共に生きる社会がノーマルな社会である」という「ノーマライゼーション」の考え方を根底に、「ひとりひとりを大切にする」を基本理念として「障害福祉計画」を策定。具体的な支援を実施し、自立支援・就労支援等を進めてきました。計画の目標が未達成なものは、要因を探り軌道修正していかなければなりません。

 共生社会実現を後押しできる条例の制定も視野に入れつつ、これからも「ほんとの笑顔」を増やせるよう努力を続けます。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TEL:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

より良い港北、横浜のために

市政報告Vol.47

より良い港北、横浜のために

横浜市会議員 さかい誠

11月28日号

県・市の取組み、奏功

県政報告

県・市の取組み、奏功

県議会議員 自民党 嶋村ただし

10月31日号

決算総合審査から

市政報告「市政」噛みくだき 90

決算総合審査から

横浜市会議員 望月やすひろ

10月24日号

子どもや若者が安心できる地域へ

市政報告Vol.46

子どもや若者が安心できる地域へ

横浜市会議員 さかい誠

10月17日号

虐待防止は「待ったなし」、具体的な対策を

県政報告【20】

虐待防止は「待ったなし」、具体的な対策を

県議会議員 武田しょう

10月3日号

多様性を認める社会へ

「市政」噛みくだき 89市政報告

多様性を認める社会へ

横浜市会議員 望月やすひろ

9月26日号

横浜にカジノはいらない!

市政報告

横浜にカジノはいらない!

横浜市会議員 大山しょうじ

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク