港北区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

第7代横浜スカーフ親善大使の一人に選出された 今泉 マユ子さん 富士塚在住 48歳

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena

笑顔でつなぐ防災の輪

 ○…「良いものって永遠に残るのよね」。色とりどりのコレクションを抱え、喜色満面のスカーフ愛好家。親善大使就任にあたって、”横浜スカーフ”の良さのみならず、「何故絹100%が良いのか」「災害時の使い道」などを伝えたいと力を込める。

 ○…「防災食アドバイザー」「食育指導士」など方々から名付けられ、肩書きが増えていく。「命名してくれてありがとう!という感じです」と笑顔。短大卒業後に栄養士として仕事を始め、現在は災害食を中心に講演会やワークショップに勤しむ。東日本大震災時、大切な家族を残すことのためらいから、被災地支援ができない罪悪感に胸を痛めた。そんな時声がかかった災害食講座の講師。「私にもできることがある。そう気付きました」。それからというもの、缶詰やレトルトのアレンジレシピを研究し続け、数々のメディアに登場する。自宅には数えきれないほどの備蓄品がずらり。一つひとつ楽しそうに紹介してくれた。「災害時も好きなものを食べることがポイントです」

 ○…新幹線好きで、新横浜〜東京間でも利用してしまうほど。「乗ればいつでも旅気分になれるから!」。旅好きでもあり、仕事で全国を飛び回るのが楽しくて仕方がないという。最愛の娘と息子は心優しく母思いなのだとか。誕生日に手紙をくれる娘、気配り上手な息子はいつも母の背中を見ているのだろう。

 ○…「神様は私の味方よ!」と、とにかくポジティブで前のめりな姿勢が魅力。その笑顔でつながった縁から、活動の幅を広げている。子ども好きで保育園勤務の経験も。今後は子どもたちへの防災教育をより活発にしたいという。そのキラキラとした瞳と心で、多くの人を救っていくに違いない。

港北区版の人物風土記最新6

久米 真浩さん

横浜市幼稚園協会港北支部長を務める

久米 真浩さん

小机町在住 56歳

9月12日号

横溝 正久さん

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される

横溝 正久さん

新吉田町在住 66歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

片山 繁樹さん

港北区歯科医師会の会長を務める

片山 繁樹さん

都筑区大丸在住 62歳

8月22日号

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク