港北区版 掲載号:2018年8月9日号
  • LINE
  • はてぶ

カフェ・おからさんで展示会を開いた絵本作家 金塚 実さん 大豆戸町在住 38歳

電車描き 心のデトックス

 ○…実話を基に電車のエピソードを描いた、絵本「ありがとうトワイライトエクスプレス」。先輩である金の星社社長から声がかかり、初の企画出版を果たした作品だ。7月には菊名にあるカフェ・おからさんで原画の展示会を行い、今年11月にも都内で個展を開く。「電車好きの子どもに見て、そして描いてみたいと思ってもらえたらいいな」

 ○…幼稚園児の頃から、電車のある風景画を描いていた。母校の大豆戸小は当時、児童絵画研究の対象校だったため、絵画の技術を吸収してめきめきと力を伸ばしていった。早稲田中学・高校時代は鉄道研究部に入り、模型造り。学園祭の時、ペンキでベニヤ板に描いた約1畳分の電車の絵は、今でも飾られているという。高校3年の頃から色鉛筆で女性と車両の絵を描くように。その数600枚にも及ぶ。

 ○…浪人生時代に統合失調症になり、現在も闘病中。「1日17時間と、勉強を頑張り過ぎてしまって」。生きているのがつらいと感じてしまうこともあった。そんな自分を救ったのは、やはり「絵を描くこと」だった。この不安を、やるせなさを、衝動的にぶつける時間。全てを忘れるくらい集中できるのだという。いつしか「自分の絵が売れるのか試してみたい」と自費出版で「とれいん・があるず」を4部作上梓するまでに。しかし売れ行きはままならず。そのうち「売れない本」としてテレビ番組で紹介され一躍有名に。「1作で終わると思っていたから、なんだか不思議な感じがします」

 ○…昭和50年代のノスタルジックな車両好き。お気に入りは「京王7000系」。形と色が決め手だ。今後の夢は、伊豆急行「リゾート黒船」列車を貸し切って、結婚式兼同窓会を開くことだと笑う。

港北区版の人物風土記最新6件

高橋 芳伸さん

開館30年目を迎えた綱島地区センターの館長を務める

高橋 芳伸さん

10月18日号

平山 健雄さん

第67回横浜文化賞を受賞したステンドグラス職人

平山 健雄さん

10月11日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍し、先月日本代表に初選出されたMF

天野 純さん

10月4日号

阿部 大輔さん

尺八奏者として地元・大倉山で数多くのコンサートを開催する

阿部 大輔さん

9月27日号

高田 真理さん

童謡100年記念コンサートを全国で行うNPO法人日本国際童謡館理事長

高田 真理さん

9月13日号

箸休め サトシさん

200回を迎えたお笑いライブ「ツナコメ」の主宰者で芸人

箸休め サトシさん

9月6日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク