港北区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

県政報告187 県の名産、戦略的にPR 県議会議員 はかりや珠江

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena

 「災害」と言われるほどの厳しい暑さが続いています。熱中症で救急搬送されるケースも多く、重症化すると生命の危険もあります。水分、塩分を意識してとりましょう。

 県はHPのトップで熱中症対策を取上げ、注意を呼びかけています。是非ご覧下さい。

*「新名産100選」募集

 「神奈川のおみやげ」と言った時、皆さんは何を思い浮かべますか?

 全国の自治体が競って、それぞれの産品をアピールし、観光振興や物産の販売促進、ふるさと納税の獲得に力を入れています。しかし「神奈川といえばこれ!」というものが、なかなか思い浮かばないというのも事実。

 神奈川の「名産100選」は昭和60年に初めて選定され、平成18年に再選定。しかし認知度が低く、入手しにくいものもあるなど、さまざまな課題を抱えていました。

 そこで昨年9月の一般質問で、現行の「名産100選」の見直しや戦略性を持った選定・販売・PRすべきと提案しました。専門の検討部会での議論を経て、このほど新たな「名産100選」を広く県民の皆さんから推薦して頂くこととなりました。

 推薦基準は、現在県内で生産・販売されており、地域の名産品として広く名前が知られているもの、もしくは伝統のあるもの。募集のポイントは、【1】観光客に強力にPRできるような「おみやげ品」【2】外国人観光客に勧めたい魅力的な「特産品」【3】神奈川を代表する「ご当地グルメ」――の3点。ぜひ、皆さんの「一押し」をご推薦下さい。

 募集期間は9月28日まで。応募は郵送・FAX・インターネットで。

◆問合せ/観光企画課

【電話】045・210・5767

*「かながわ屋」移転

 7月10日、県の観光・物産のアンテナショップ「かながわ屋」が、横浜そごう地下2階の食品売り場に新たにオープンしました。

 これは昨年の一般質問で、「かながわ屋」のあり方についての見直しを求めたことがきっかけとなり、実現したものです。旧店舗は閉鎖し、一日約4万人の来場者がある「デパ地下」へ移転。県内の魅力ある名産品を、より多くの県民の皆さんにアピールできるようになりました。

 ラグビーW杯やオリンピック・パラリンピック等を目前に、県内への観光客数は増加の一途。この好機を県内産業の振興にしっかり結びつけることが大切です。

 お買い物のついでに是非「かながわ屋」に立ち寄って頂き、ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TEL:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港北区版の意見広告・議会報告最新6

空家条例が可決

地域の声をカタチに 市政報告

空家条例が可決

横浜市会議員 望月やすひろ

2月25日号

間もなく開花の季節、県のコロナ対策最前線

県政報告 ㉚

間もなく開花の季節、県のコロナ対策最前線

県議会議員 武田しょう

2月25日号

住民投票制度の課題と、議会の役割について

市政報告Vol.50

住民投票制度の課題と、議会の役割について

横浜市会議員 さかい誠

2月11日号

安全と快適を”つなぐ”道路

市政報告

安全と快適を”つなぐ”道路

横浜市会議員 望月やすひろ

1月28日号

港北の絆、新たなカタチで

港北の絆、新たなカタチで

自民党 さかい 誠

1月1日号

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県政報告

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク