港北区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

県政報告187 県の名産、戦略的にPR 県議会議員 はかりや珠江

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena

 「災害」と言われるほどの厳しい暑さが続いています。熱中症で救急搬送されるケースも多く、重症化すると生命の危険もあります。水分、塩分を意識してとりましょう。

 県はHPのトップで熱中症対策を取上げ、注意を呼びかけています。是非ご覧下さい。

*「新名産100選」募集

 「神奈川のおみやげ」と言った時、皆さんは何を思い浮かべますか?

 全国の自治体が競って、それぞれの産品をアピールし、観光振興や物産の販売促進、ふるさと納税の獲得に力を入れています。しかし「神奈川といえばこれ!」というものが、なかなか思い浮かばないというのも事実。

 神奈川の「名産100選」は昭和60年に初めて選定され、平成18年に再選定。しかし認知度が低く、入手しにくいものもあるなど、さまざまな課題を抱えていました。

 そこで昨年9月の一般質問で、現行の「名産100選」の見直しや戦略性を持った選定・販売・PRすべきと提案しました。専門の検討部会での議論を経て、このほど新たな「名産100選」を広く県民の皆さんから推薦して頂くこととなりました。

 推薦基準は、現在県内で生産・販売されており、地域の名産品として広く名前が知られているもの、もしくは伝統のあるもの。募集のポイントは、【1】観光客に強力にPRできるような「おみやげ品」【2】外国人観光客に勧めたい魅力的な「特産品」【3】神奈川を代表する「ご当地グルメ」――の3点。ぜひ、皆さんの「一押し」をご推薦下さい。

 募集期間は9月28日まで。応募は郵送・FAX・インターネットで。

◆問合せ/観光企画課

【電話】045・210・5767

*「かながわ屋」移転

 7月10日、県の観光・物産のアンテナショップ「かながわ屋」が、横浜そごう地下2階の食品売り場に新たにオープンしました。

 これは昨年の一般質問で、「かながわ屋」のあり方についての見直しを求めたことがきっかけとなり、実現したものです。旧店舗は閉鎖し、一日約4万人の来場者がある「デパ地下」へ移転。県内の魅力ある名産品を、より多くの県民の皆さんにアピールできるようになりました。

 ラグビーW杯やオリンピック・パラリンピック等を目前に、県内への観光客数は増加の一途。この好機を県内産業の振興にしっかり結びつけることが大切です。

 お買い物のついでに是非「かながわ屋」に立ち寄って頂き、ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TEL:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

防災のカギは「情報伝達」

市政報告

防災のカギは「情報伝達」

横浜市会議員 望月やすひろ

11月19日号

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

市政報告

林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に

日本共産党横浜市会議員 白井 まさ子

10月22日号

ハマ弁”給食化”を実現

市政報告

ハマ弁”給食化”を実現

横浜市会議員 望月やすひろ

10月22日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲・国民フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

10月1日号

小児医療費助成が拡充

市政報告

小児医療費助成が拡充

横浜市会議員 望月やすひろ

9月24日号

新型コロナ対策など、林市長に「予算要望・提言書」を提出

市政報告

新型コロナ対策など、林市長に「予算要望・提言書」を提出

横浜市会議員 大山しょうじ

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク