港北区版 掲載号:2018年10月25日号
  • LINE
  • hatena

市政報告「市政」噛みくだき 79 小児医療費助成が中3まで 横浜市会議員 望月やすひろ

 市会第3回定例会の本会議で、小児医療費助成の対象を、現行の小学6年生から中学3年生まで拡充する条例改正案が可決成立しました。来年4月から施行されます。

公明党市議団の取組

 市議団は、平成4年に初めて無料化を主張して以来、一貫して制度の拡充を求めてきました。

 平成7年1月に制度が発足し、0歳児の入院と通院が無料に。その後、徐々に助成対象年齢が拡大。19年4月には就学前、24年9月に小学1年生、27年10月に小学3年生、29年4月に小学6年生まで拡大しました。

 そして、いよいよ来年4月、中学3年生まで拡大します。ただし、小学4年生から中学3年生までは、1回の診療で上限500円の自己負担が求められます。

所得制限の緩和を

 現在の制度では、1歳以上の通院助成に所得制限が設けられています。本市の所得制限基準が旧児童手当の基準額となっているため、まずは現行の児童手当所得制限基準に合わせることを、市議団は求めてきました。扶養が妻と子2人であれば、給与収入817万円まで助成対象だったのが、917万円まで広がります。今議会における市議団の質問に対し、「緩和の時期については2020年度以降に実施できるよう検討したい」と答えました。

 小児医療費助成事業は、子育て世代の方々が安心して暮らせるための必要不可欠な事業です。今後も全額助成と所得制限の緩和・撤廃を目指してまいります。

望月やすひろ

横浜市中区港町1-1(市会控室)

TEL:045-671-3023

https://www.mochiyasu.com/index.html

港北区版の意見広告・議会報告最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク