港北区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

県政リポート【15】 差別のない県政に 県議会議員日本共産党 大山奈々子

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 5日、代表質問に立ちました。主なものをご紹介します。

差別解消条例

 ヘイトスピーチが3政令都市で企画される中、規制を検討する姿勢は、市によって濃淡があります。一方、国会議員の問題発言にみられるように性的マイノリティへの差別も重大です。これらの差別を禁止する条例の制定が喫緊の課題だと求めました。前者は検討していくとの答弁でした。

朝鮮学校補助

 高校無償化から外国人学校のなかで朝鮮学校だけを除外しているわが国ですが、全国8道県では子どもたちの学習権を守るため補助を続けています。本県は朝鮮学校の教科書の中身に干渉して改訂を条件付け、2016年から学費補助を中止しています。神奈川県弁護士会は神奈川県に対し、11月に人権侵害であるとの「警告」を発しました。真摯に受け止めて補助を再開するように求めましたが、スタンスは変わらないと人権感覚を疑う答弁でした。

企業誘致策

 たとえば日産一社に104億円もの助成金を出してきましたが、県内雇用数の把握もなく、県内発注は努力義務に過ぎず、県内の大リストラには関知しないという姿勢は税金で行う施策としては無責任。全国18府県の誘致策を調査して本県の誘致施策の甘さが際立ちました。県内雇用を守り地域偏在を解消する他県の誘致要件を示し問題点を指摘。大企業支援より中小企業に視点をおいた産業施策への転換を求めました。

 他に、視覚障がい者の参政権保障、相模総合補給廠のミサイル司令部撤回など求めました。

神奈川県会議員 大山奈々子

港北区樽町

TEL:045-543-4138

http://nanako.jcpweb.jp/

港北区版の意見広告・議会報告最新6

市民の市長誕生へ力を合わせます

市民の市長誕生へ力を合わせます

日本共産党 市会議員 白井 まさ子

1月1日号

「不安」を最小化する政治に

「不安」を最小化する政治に

衆議院議員 鈴木けいすけ

1月1日号

新しい生活様式のなかで

新しい生活様式のなかで

公明党 望月 やすひろ

1月1日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲民主党・無所属フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

1月1日号

港北の絆、新たなカタチで

港北の絆、新たなカタチで

自民党 さかい 誠

1月1日号

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県政報告

「信頼」胸に、一歩一歩進む

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク