港北区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

社会福祉法人 横浜市港北区社会福祉協議会の会長を務める 飯山 精三さん 大倉山在住 83歳

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

地域と行政を繋ぐパイプに

 ○…港北の福祉を担う存在として、行政や様々な団体と連携し「ひっとプラン港北(港北区地域福祉保健計画)」等の推進に励んでいる。多くの地域活動に従事して15年、「退職したら年賀状は減ると思っていたが、むしろ増えているかもしれない」。人と人とのつながりは「かけがえのないもの」と笑顔を見せながら、地域の人にあいさつをする姿が印象的。

 ○…生まれは東京。就学前に戦争が激化し、栃木の佐野への疎開も経験した。よみがえるのは、戦中・戦後のひもじい思い。「豊かさを初めて実感した」のは、社会人になって銀座のフルーツパーラーに行った時だったという。結婚を機に大倉山へ。「文教地区であり落ち着いている環境がまちの魅力」と年々人口が増加する“我がまち”を語る。

 ○…周囲の推薦で町内会長を務めたことが今に繋がっている。初めは地域の人の顔が全くわからなかったが、出会いを重ねる度に楽しさを実感していった。手帳が予定で真っ黒になるほど多忙な毎日。少しの時間を見つけて出かけることが楽しみという。5月の連休には夫人と京都へ。「混むと思ったからね。前から準備をしていたんだ」とはにかむ。

 ○…「それまで地域に関わってこなかったから、やってみよう」と始めた町内活動だったが次第にのめり込み、「港北の福祉力を高めたい」と志は高まるばかり。「福祉というと高齢者というイメージがあるが、子育てや子どもにも目を向けたい」と神奈川や東京の福祉施設に足を運び学び続ける。「見えないところで困っている人も社会で生きていけるように」。これからも地域と行政のつなぎ役を担っていく。多くの活動経験を経て、今、大切にしているのが、「責任と寛容さ」。この言葉を胸に、地域のためにまい進する。

港北区版の人物風土記最新6

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

酒井 誠さん

港北区商店街連合会の会長を務める

酒井 誠さん

日吉本町在住 57歳

7月11日号

三浦 久さん

トレッサ横浜の新プレジデントに就任した

三浦 久さん

川崎市在住 52歳

7月4日号

加藤 光さん

小学4年生時に脚本を手がけ12年、6月23日の上映会でスピーチする

加藤 光さん

大倉山在住 22歳

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク