港北区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

県政報告㉑ 地方議会から憲法を思う 県議会議員 武田しょう

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 昨年は平成から令和への改元が穏やかに行われ、新たな時代の躍動に期待が膨らむ一年となりました。改元をめぐっては数多くの関連法の整備がなされましたが、その根幹となるのが現在の日本国憲法です。

 そして、もっとも議論の対象に挙げられるのは安全保障のありかたについて書かれた9条ですが、地方議会においても多くの観点があります。

 たとえば憲法第93条の第2項には2元代表制に関する事項が、また、第94条には地方自治について明記されています。

 9条に関する議論は活発な一方、はたして2元代表制は正しいのか、地方分権はどうなのかという議論はあまり聞かれません。本当にわが国の将来を案じた場合、かつて言われた「失われた10年」が今は20年になっています。このままだと30年と続き、あっという間に100年になる可能性もあります。もっと地方自治の観点に軸をおいた憲法の議論が必要だと私は考えます。

 もしも神奈川県が単独で法律を作ることができ、県内で無人自動運転車公道テストができるようになったら、どうなっていたでしょうか。たとえばアメリカの自動車産業を代表するミシガン州デトロイト市ではかつて、日本勢をはじめとする自動車会社にシェアを奪われ、深刻な不況に陥っていました。2016年、自動運転車について路上走行実験から利用、販売までカバーする包括的な規制を盛り込んだ法整備をし、現在では無人自動運転車の最先端研究所がたくさんでき、世界市場を大きくリードしています。その鍵は、地域にある程度の裁量を委ねる「州法」にありました。

 一方でわが国はどうでしょうか。国は唯一の立法機関であり、国が都道府県と相談しながら、特区を作っている状況です。それゆえ、わが国にも地方分権をすすめるための法整備が必要不可欠と考えます。アメリカ合衆国やドイツ共和国の連邦制度を参考に、各州がどのような権限を持っているのか、それらが日本に合うか合わないかなど、都道府県の単位で「地方自治のあるべき姿」を考えるべきだと思います。

武田 翔

横浜市港北区菊名1-6-11 平田ビル3F

TEL:045-947-2712

http://www.shotakeda.com

新横浜駅前「ラステル新横浜」

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版の意見広告・議会報告最新6

令和初の予算議会開会、私の数々の提案が反映

市政報告

令和初の予算議会開会、私の数々の提案が反映

 横浜市会議員 大山しょうじ

2月13日号

新たな交通ネットワーク

市政報告

新たな交通ネットワーク

横浜市会議員 望月やすひろ

1月30日号

教育は「公平」より「公正」で

県政報告㉒

教育は「公平」より「公正」で

県議会議員 武田しょう

1月23日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲・国民フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

1月1日号

令和時代に輝く港北へ

令和時代に輝く港北へ

公明党 望月 やすひろ

1月1日号

私たちの街、港北の未来のために

県政報告

私たちの街、港北の未来のために

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

新横浜プリンスぺぺ

半期に一度のクライマックスバーゲン 1月13日(月・祝)まで

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

関東労災病院 市民公開講座

肺がんや抗がん剤治療について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク