港北区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

運営に携わる団体が「第25回防災まちづくり大賞」の総務大臣賞を受賞した 秋本 健一さん 大倉山在住 76歳

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

家族のような地域社会に

 ○…全国の優れた防災活動を表彰する「防災まちづくり大賞」。太尾小学校を拠点に、地域一帯と連携した取組みが受賞の鍵。「地域の皆さまが力を合わせてくださったおかげ」と感謝を込める。同校の授業参観を活用する防災訓練は、例年約2000人が集う。2008年から開催する「太尾小学校ふるさとまつり」も、児童はじめPTA、地域団体、行政が参加する一大行事。絆づくりの基盤になっている。「学校を中心に、毎年地道に続けてきた訓練やまつりが地域のつながりを深めた」

 ○…横浜市内などで中学校の教員を務めた。県が海外教員の募集をかけていたことを機に、一時ペルーの日本人学校へ。小中一貫で50人ほどの小さな学校では「児童、教員、保護者がまるで一つの大きな家族のように仲良く、協力しあっていた」。現地の防災訓練も忘れられない。「テロリストが襲撃してきた想定の避難訓練は、皆本番さながら全力で逃げる」。日本で教員をしていたときの形骸化された訓練との違いを感じた。その経験は今も防災訓練をする上での礎。

 ○…生まれも育ちも大倉山。子どもの頃の遊び場は大倉山公園や鶴見川が定番だった。現在は妻、娘夫婦、孫3人とにぎやかな日々を過ごす。最近は趣味で畑を借り、タマネギやジャガイモなどを育てる。「これからは夏野菜を育てるのが楽しみ」

 ○…住民一人ひとりが「自分の身は自分で守る」意識を持つ町を目指す。その上で「隣近所で助け合える意識も持てたら」と語る。昨年はコロナ禍で中止となったが、11回を数える「ふるさとまつり」でできた地域の絆は強固。「行事を続ければ、顔がつながる。いざというときに協力できる関係になれば」

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.mochiyasu.com/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

港北区出身 48歳

4月1日号

秋本 健一さん

運営に携わる団体が「第25回防災まちづくり大賞」の総務大臣賞を受賞した

秋本 健一さん

大倉山在住 76歳

3月25日号

大嶋 将聖さん

日吉地区周辺の緑化計画を行う団体の委員長を務める

大嶋 将聖さん

日吉本町在住 55歳

3月18日号

PORIN(ポリン)さん

Awesome City Club でボーカルを務める

PORIN(ポリン)さん

青葉区出身

3月11日号

池田 勘太郎さん

日吉駅周辺のラーメン店を紹介する、オリジナルマップを制作した

池田 勘太郎さん

日吉本町在住 18歳

3月4日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter