港北区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

イラストレーターで新吉田小のキャラクター「しんよしだくん」を考案した 山名 阿代(あつよ)さん 日吉在住 56歳

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

望まれるものを形にして

 ○…保護者として広報委員を務めていた2003年、「広報誌を親しみのあるものに」と校章をモチーフにキャラクターを考案した。その後は、着ぐるみが作られたり記念航空写真の人文字に採用されたり、気がつけば学校の顔に。創立50年の今年は、校舎に巨大壁画として登場。50周年記念の歌の歌詞にもある「クスノキ」を取り入れた特別デザインで、「これほど長く多くの人に愛してもらい、創り手冥利につきる」と笑顔を見せる。

 ○…中高6年はバスケ部で、夢は体育教師というスポーツ少女だったが、高3で膝に大怪我を負い夢は叶わず。だが、大学や社会人のアスリートらと過ごした入院期間は「リハビリも体育の授業のように楽しんで。退院後は、お祝い会をしたり試合に応援に行ったり」と青春の思い出の1ページとして残っている。「絵を描くのも好きだから」と高校卒業後はデザインの専門学校に。就職先では、飛び出す絵本や雑誌の付録などをデザイン・製作した。フリーに転身後も、飲食店のTシャツや名刺デザイン、ラインスタンプなど、活動は多岐にわたる。「考えたものが形になって残るのが嬉しい」

 ○…日吉と綱島で生まれ育ち、56年間区内在住。小学生時代は、「夏は友人と毎日のように綱島公園プールに行っていた」と回想する。現在の趣味はネイル。色や形も自分でデザインし、「華やかにして気分を上げることで、また仕事に向かっていける」と鮮やかな指先を見つめる。

 ○…仕事で心がけるのは、相手が求めるものを形にすること。一方で、「1カ所だけは、自分らしさを入れるのがこだわり」とデザインの秘訣を語る。長年胸に秘めている夢は「オリジナルの絵本をつくること」。創作活動はまだまだ続く。

港北区版の人物風土記最新6

齋藤 香坡さん

横浜文化賞を受賞した書家

齋藤 香坡さん

綱島東在住 84歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook