港北区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した 古澤 拓也さん 港北区在住 25歳

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

一つひとつ、目標超えて

 ○…持ち味のボールハンドリングを武器に、パラリンピック車いすバスケで日本初の決勝に出場。米国には敗れたが、結果は過去最高となる銀メダル。4点差で逃した頂点に悔しさも滲むが「金メダルの位置が分かった大会。そこに向けてチームで練習を続けていく」と先を見据える。

 ○…「シューターとして途中出場で試合の流れを変えるのが自分の役割だった」という東京大会。その言葉通り英国との準決勝では第2クオーターで3ポイントシュートを放ち、リードする英国との差を3点に縮めると、第3クオーターでも得点を重ね逆転に導いた。「車いすバスケはパラスポーツで断トツのスピード、激しさ。通常は障害の有無、性別に関わらず出られるルールも特徴」と魅力を語る。

 ○…菊名小・大綱中出身。野球少年だったが、先天性の二分脊椎症による合併症から小6で車いすの生活に。楽しめるスポーツを探してくれた母の勧めで、横浜ラポールで車いすバスケと出合った。当時から体育館での練習はもちろん、家の外でもずっとドリブル。「目標を達成していくのが楽しくて」。その後「選ぶなら難しい方の道を」と地元のクラブチームから名門のパラ神奈川SCへ。自身のプレーの質にこだわり続け、日本代表の座も掴み取った。

 ○…甘いもの好きでカフェ巡りも趣味。注文したカップに「感動をありがとう」と書かれていたことも。「話したことはないけど気付いてくれてたみたい。嬉しかった」とはにかむ。今大会を契機にSNS等でも車いすバスケの人気上昇は肌で感じる。「パラスポーツからスポーツとして広がってほしい」。そんな願いが少しずつ現実に。次は「パリ大会で活躍できる主力選手」を目標にすでに動き出している。

港北区版の人物風土記最新6

榎本 哲也さん

港北区PTA連絡協議会副会長で、オンラインイベントの企画の中心を担った

榎本 哲也さん

新吉田東在住 39歳

11月11日号

阿部 忠男さん

区内子育て支援施設を中心に、バルーンアート制作のボランティアを行う

阿部 忠男さん

新横浜在住 66歳

11月4日号

辻村 功さん

東急東横線の変遷についての講座を行う鉄道車両専門家の

辻村 功さん

日吉在住 65歳

10月28日号

齋藤 香坡さん

横浜文化賞を受賞した書家

齋藤 香坡さん

綱島東在住 84歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook